AFFINGER5

★ 【AFFINGER5】便利すぎる![STINGER タグ管理] でコードを集約管理!一括変換で効率良すぎ!





WordPress テーマ「AFFINGER5」の強力プラグイン [STINGER タグ管理マネージャ3] を使うことで、


「記事に書く同じコードを一括して管理して、書き換えたいときに1か所書き換えれば全部に反映する」

(広告Aを広告Bに一括変換する場合など、1か所変えるだけで良くなるので便利すぎます)


素晴らしい機能を使うことができ、圧倒的に記事の作成が楽になりますので、ご紹介します。


ポイント

[STINGER タグ管理マネージャ3] は有料プラグインですが、いま、AFFINGER5 テーマを購入すると、このプラグインがサービスで付いてきますので、お得です!


AFFINGER5 ご購入はこちら



めっちゃおすすめ!(^^)/


STINGER タグでできること


STINGER タグは、【コード】を【タグ】に置き換えて利用できる機能です。



STINGER タグ管理マネージャで、タグ(例:AAA)にコード(例:★広告A★)を設定しておくことで、記事に タグ(例:AAA)を埋め込むだけで、記事表示時に、タグ(例:AAA)をコード(例:★広告A★)に自動で変換します。


  1. STINGER タグ管理画面で、タグ [AAA(名前:任意)] を作成し、表示したいコード(広告や、あいさつ文、フッター文など)を定義しておく
  2. 記事の表示したい部分にタグ(ショートコード)を埋め込む
  3. 記事を表示するときに、タグ(ショートコード)が定義済のコードに自動で置き換わる

使い方も「超簡単」で御座います!(いや、まじで!)


記事を作るときに、タグ(ショートコード)を埋め込むだけでよい


事前に「タグ」を作成しておくことで、記事作成時に同じコードを書く必要がなく、タグを埋め込むだけで良くなります。


  • いつも利用している「広告A」のスクリプトはタグで登録しておくことで、記事にはタグを埋め込むだけでよい
  • 記事の定型の「あいさつ文」はタグに登録しておくことで、記事にはタグを埋め込むだけでよい
  • 記事の〆の文章(記事のフッター)はタグに登録しておくことで、記事にはタグを埋め込むだけでよい

使用例

記事のフッターに [横線]、[ブログ村] や [ブログマニア] のリンク、[Produced by ○○] などの定型文を書いています。タグにして管理して、記事にはタグ(ショートコード)を埋め込むだけで実現することで、記事作成時の手間が軽減しています。


広告や、フッターの内容を一括して変えられる


サイト全体に一括して変更を反映することができます。


  • サイト全体で利用している「広告A」を「広告B」に一括して変えることが簡単
  • 「広告A」を消す場合、管理画面でコードを空白に変えることで、サイト全体の「広告A」を消すことができる
  • 記事のフッターの内容を変える場合に、管理画面で編集するだけでよい

使用例

「広告A」が提供元の ASP で提供中止になった場合、サイト内で利用している「広告A」を「広告B」に一括して変えることができて便利です。


STINGER タグの利用方法


STINGER タグを実際に利用する方法を解説します。


step
1
タグを作成する



WordPress の管理画面から [STINGER タグ] → [STINGER タグ一覧] を選択します。

( [STINGER タグ管理マネージャ3] プラグインをインストールしている必要があります)


  1. [新規作成] ボタンをクリックします
  2. タグの名前(任意)を入力します
  3. [公開(更新)] ボタンをクリックします

ショートコードが確定します。


ポイント

タグ名が ショートコード に使われますが、一度確定すると、タグ名を変えてもショートコード側は変わりません。タグ名は十分に考慮してから決めてください。


step
2
タグにコードを定義する



[単発コード] 部分に、コード(表示したい内容)を定義します。


step
3
記事にタグ(ショートコード)を埋め込む



[投稿ページ] や [固定ページ] に、ショートコードを埋め込みます。


完成です!



(表示イメージ)……そのままですけどね(笑)


まとめ


WordPress テーマ「AFFINGER5」の強力プラグイン [STINGER タグ管理マネージャ3] が便利すぎで御座います。



  • いつも利用している「広告A」のスクリプトは登録しておくことで記事にはタグを埋め込むだけでよい
  • 記事の定型の「あいさつ文」は登録しておくことで記事にはタグを埋め込むだけでよい
  • 記事の〆の文章(記事のフッター)は登録しておくことで記事にはタグを埋め込むだけでよい
  • サイト全体で利用している「広告A」を「広告B」に一括して変えることが簡単
  • 「広告A」を消す場合、管理画面でコードを編集することでサイト全体の「広告A」を消すことができる
  • 記事のフッターの内容を変える場合に、管理画面で編集するだけでよい


これなくして、記事を管理する気にはなれないくらい、一度使うと、もはや無くてはならない機能になります。


ポイント

後からタグを作成済の記事すべてに埋め込みなおすのは大変ですので、サイト作成時は早めに STINGER タグの利用を始めてください。


AFFINGER5 ご購入はこちら








Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ