Road To お金持ち

お金持ちへのステップ7(「資格」不要、「資格」取得貧乏を避けること)




資格はとってもとられるな……ちゃう、「資格」は「資産」ではなく、「資格」は「お金を生み出すもの」ではありません。

資格取得のために時間を使う(勉強する)よりも、「お金を生み出す『資産』を作るため」に時間を使いましょう。


資格が有用な場合


「資格不要」と書きつつ、「資格」が有用になるパターンについて先に解説します。


有効な資格は、「仕事をする(許可を得る)ために必要な免許のみ」です。

「資格」は 「その資格(免許)がなければ、その仕事をすることができない」 場合に限り必要(有用)です。


ポイント


  • 看護士
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 医者
  • ドライバー・タクシー・バスの運転手
  • 教師


※ その他、建築関係や、電気工事系などの工事系など、資格(免許)が必要な仕事はたくさんあります。


その仕事をする許可を得るために必要な資格(免許)は必要です。これは、社会の安全を守るためにも必要な制度ですので、しっかり勉強して免許を取りましょう。


しかし、こと「『お金持ち』になるために必要な資格(免許)」は、今現在、ありません。「○○の資格(免許)を持っていなければ、お金持ちになる権利がありません。」という資格(免許)は、この社会には存在していない のです。


資格とお金持ちへの道がつながらない理由


1.「資格」は「資産」ではありません


「資格」はお金を生み出す「資産」にはなりません。


ポイント


「資産」とは、「それを持っていることであなたにお金を与えるもの」です。


  • 不動産・賃貸アパート(※家賃収入)
  • 権利(※収入)……印税など
  • 株式(※キャピタルゲイン、インカムゲイン)

俗に言う「不労所得を得れるもの」はイメージがしやすい資産です。



「資格」をとれたことですなわち「人生バラ色」と思う人は少ないと思いますが、「資格」を取ったことで人生に期待をかける人は多いと思います。ただし、「資格」自体は お金を直接生み出すものではありません。


ポイント

資格の名義貸しは不適切な行為です。名義貸しで金銭を得る行為は行わないように注意してください。


2.「資格」のための勉強では実際のスキルは身につきません


お金持ちになるために大事なことは「時間の使い方」です。

資格を取得するためには、「資格のための勉強をする時間」が必要ですが、


この時間は「お金持ちへの道」には不要です。



勉強のゴール(たどり着く先)が「スキルの取得」「資産の形成」「お金を生み出す」ことに直接つながってはいません。

資格を取得するための「勉強」でも資格に関連した知識は尽きますが、そのために時間を使うのであれば、実務の勉強をしたほうが圧倒的に効率的です。


TOEIC で点数を取る勉強をしても英語を話せない人は多く、英語を話したければ、海外で3か月住んだほうが圧倒的に早いのです。


3.資格を取るためにお金を払っていたら、いつまでもお金持ちにはなれません


資格を取るために「○○学校に通う」、「○○通信教育を受ける」で使った費用は、その「資格」を取ることで回収できない可能性が高いです。資格を取るために、お金も、時間も使っていたら、資格貧乏一直線の可能性があります。


資格取得にお金と時間を使うならば、実務経験や(資産形成のための)スキル取得にお金と時間を使うほうが有意義です。


資格のメリット論への反論


「お金持ちへの道」の話からは若干外れますが、一般的な「資格のメリット」に反論します。


資格は就職に有利(履歴書に書ける)


「資格」が入社(応募)の条件になっている場合を除き、資格を持っていることが採用の決め手や、採用の優位になることは殆どありません。

選ぶほう(面接する側)は実際に日々業務(その仕事)をしている人ですので、「資格を持っていること」が、そのまますなわち「実務ができる」ではないことを十二分に知っています。実際には、


  • 実務経験
  • 若さ
  • やる気
  • コミュニケーション能力

などを重要視しており、「資格を持っている/いない」が、これらの要素を超えることはありません。

検討の結果、候補が複数いる場合でも「資格を持っているから○○くんを採用しよう」となることは、ほぼありません。

たとえば、「英検2級持っているがビジネス英語の経験がない人」よりも「資格はないが実務で英語を使っていた経験者」を優遇します。


「資格」が就職を有利にすることは、(入社(応募)の条件になっている場合を除き)ありえないというのが現実です。


そして、「資格取得が就職に有利だと宣伝して教育資材を売ってくる業者」には十分に気を付けましょう。


資格をとるための努力をアピールできる


「資格を取るため努力したこと」を認められるより、実務とスキル取得に時間を使って努力して、結果を出して褒められるほうが、ずっと有意義(コスパ良し)ですよ。


キャリアアップにつながる


現場では「資格を持っていること」が、そのまますなわち「実務ができる」ではないことを十二分に知っています。「すごいね」と言ってもらえるかもしれませんが、それは、「資格を取るための努力したこと」を褒めてることであり、現実は、資格があることがすなわち知識があると認めているわけではありません。


務とスキル取得に時間を使って努力して、結果を出してキャリアアップにつなげるほうが有意義です。


自分に自信が付く


「資格さえ持っていれば仕事に困らない」、「資格さえ持っていれば人生問題ない」、「資格さえあれば就職できる」


そんな人生甘くありませんので、気を付けてください(笑)。


まとめ


「お金持ちへの道」に「資格取得」は不要です。



  • 「資格」は「資産」ではありません
  • 「資格」のための勉強では実際のスキルは身につきません
  • 資格を取るためにお金を払っていたら、いつまでもお金持ちにはなれません


資格取得に時間とお金を使うよりも、自分の資産を作るための時間とお金(投資)に使いましょう!



■ 次の記事に進む

お金持ちへのステップ8(副業を始めること)

お金持ちになるための行動の第一歩は「副業」を始めることです。始めるべき具体的な「副業」について解説します。さあ、稼ぎましょう!

続きを見る


■ 最初から読む

お金持ちへのステップ1(【労働者・会社員】からの脱却を目指すこと)

お金持ちになるためには【労働者・会社員】からの脱却が必要です。労働型収益から、自動収益型へ進む道をご紹介します。一番大事なのは世の中の仕組みに気が付くこと!本記事を読んで、お金持ちへの道(仕組み)に気が付いていただければと思います。

続きを見る





「Road To お金持ち」の一覧はこちらをクリック!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ