岩手

★ 【盛岡】「焼肉冷麺ヤマト」の「辛い!」「旨い!」「冷たい!」冷麺!





岩手県盛岡市は「わんこそば」「じゃじゃ麺」「盛岡冷麺」と3大麺が御座いまして、盛岡人みんな麺好きな土地柄 で御座います。事実わたくし、子供の頃は、盛岡でお昼ごはんと言えば、「そば」か「ラーメン」と、麺類を食べるものだと思っていたほどで御座います(笑)。(学校でお弁当を食べている日は除く)。

盛岡人は焼肉屋に行っては焼肉を頼まずに「盛岡冷麺」を頼むほどの冷麺通で御座いまして、「どこどこの冷麺が美味しい」と焼肉屋が有名になるお土地柄(笑)です。そんな盛岡の 有名冷麺店「焼肉冷麺ヤマト」をご紹介します。


盛岡冷麺とは


韓国の冷麺とは違い岩手・盛岡で独自に発展した「盛岡冷麺」で御座いまして、麺は弾力とコシがありツルツルしていてまるで


ゴムのようで御座います(笑)


「それ美味しいのか?」と最初聞いたときは思いますが、初めて食べた時はそのコシの強さに驚くも、「牛骨や牛肉」、「鶏ガラ」などをベースにしたスープの旨みと、「豆板醤?」と「キムチベース」の辛さが相まって「ツルツル食べては辛い、ツルツル食べては旨い」が交互に襲ってくる衝撃の味です。


冷麺って夏の食べ物じゃね?


と思われがちですが、岩手県盛岡では一年を通して食べられているソウルフードで御座います。(冬でも雪降る寒いなか冷麺を食べにいくことも御座います(笑))


焼肉・冷麺ヤマトの盛岡冷麺



「焼肉・冷麺ヤマト」の盛岡冷麺は盛岡冷麺らしいスタンダードな盛岡冷麺です。

辛さが「中辛」「大辛」「特辛」から選べます。「中辛」は程よく辛く、「大辛」は刺激的に辛いので、スープの旨みを感じつつ辛さも味わいたい場合は中辛、ちょっと刺激を求めたい方は「大辛」を選ぶとよいかもしれません。そのほか「辛味別」というメニューが御座いまして、辛味が別皿に盛られてくるので自分で好きなだけ辛味を入れて調節することもできますが、


結局別皿に盛られてくる辛味を全部入れちゃって、辛さが中辛と一緒になるので「最初から中辛頼めよ!」と個人的には思います(笑)

(全部入れる自分が悪いと思います(笑))


しっかり出ている牛テールの旨みが入ったスープと、程よい辛さ、甘みの入ったシコシコツルツルの麺に絡みつくスープ、そしてなにより


食べれば食べるほど、クチの中が辛くなる苦行で御座います(笑)


ツルツル冷たいので最初は気持ちよく食べ続けるんですが、だんだん辛味が口の中に溜まってきて、たまらず辛さに襲われる 「M」な正確に人にうってつけの冷麺です(笑)

(そんなわけない(笑))


※ 「S」の方も、「M」の方も、どちらでもない方も美味しく楽しめる冷麺です(笑)


辛さに耐えられなくなったら、具の「キムチ」を食べるのが「箸休め」(笑)

(キムチのほうが辛くないってことです!(笑))


辛さに耐えられなくなったら、具の「フルーツ(梨やスイカ)」を食べるのが「オアシス」(笑)

(最初は果物が入っているのが違和感の人が多いのですが、これがどれだけ「天国」かがわかる冷麺の辛さで御座います(笑))


焼肉・冷麺ヤマト 盛岡南店の場所


盛岡南店は盛岡の南側に御座います(笑)(そりゃそうだ(笑))





駅から行くには相当遠く、駐車場が広いので(さすが岩手!)お車で行くことをおすすめします。お店に入りますと、いきなり目立つ



水槽が御座います(笑)、お魚も癒されますが、何と言っても



サンタさんが愛くるしい(笑)

一瞬入ったお店を間違ったかと思うほどに、かわいいグッズで御座います。サンタさん。


おちゃめな焼肉冷麺屋さんで御座いました!


Enjoy!盛岡冷麺は辛旨い!








Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ