WordPress

【WordPress】404 ページをカスタマイズ(変更)する超簡単な方法(見目麗しく!)





404ページ(コンテンツがないページ/不正なURL)にアクセスした場合、「ページが見つかりません」と表示をします。

ユーザー(読者)は、何かの意図をもってあなたのページにたどり着きますが、そのページが404ページの場合、多くのユーザーはそこで離脱します。ただし、404ページに記事内、トップページへの楽しい誘導があればユーザーはサイトの別ページに移動する可能性が高くなります。


404ページにを訪れたユーザーも逃さないために、404ページをカスタマイズすることが必要です。

本記事では、WordPress サイトにおける404ページのカスタマイズ方法を紹介します。



404 ページの役割



404 ページは、ユーザが「誤って」飛んできたページです。

「ここはちがうよ」とシンプルに伝えるとともに、少しの遊び心があると楽しい404ページになり、ユーザーも、ほかのページも見てみようとの気持ちが出てきます。


404ページがもつ役割(載せたい情報)です。


  • このページには情報が無い(URLが間違っている可能性)を伝える
  • このサイトには、何が書いてあるのかを、伝える
  • ユーザーが本来行きたかった記事が見つかりやすくする、案内する
  • サイト内を検索できるようにする
  • トップページへのリンクを貼る


せっかく、あなたのページに来たユーザー(読者)を、404ページで逃しては勿体ありません。

404ページをカスタマイズして、ユーザーをサイト、正しい記事に誘導できる仕組みを作ることが、よい404ページと言えるでしょう。



404 ページのカスタマイズ例



404ページを絵葉書風に表現してみました。





ページがないことを先に案内したうえで、メッセージを添えています。

サイト内の記事へのリンクはありませんが、トップページへのリンクで誘導しています。



404 ページのカスタマイズ方法



WordPress 内のファイル [404.php] を直接編集します。


step
1
テーマエディターで [404.php] を表示します




  1. WordPress の 「外観」 から 「テーマエディタ―」 をクリックします
  2. 「編集するテーマを選択」 で、使っているテーマを選びます(※)
  3. 「テーマファイル」 から 「404 テンプレート」 をクリックします


ポイント



(※)WordPress のテーマ(AFFINGER5)ご利用の場合は、小テーマと親テーマで構成されており、「404.php」 を編集する場合は、子テーマで編集することをおすすめします。初期状態では子テーマには [404.php] はありませんので、必要に応じて次の記事を参考に 404.php を子テーマにコピーしてください。





step
2
メッセージ文言を変更します





「Not Found」 や 「404 ○○○」、「お探しのページがありません」 などの文言を直接編集します。

※ 「404.php」 はテーマごとにファイルの内容が異なりますが、ほぼ似たような内容になっています。


step
3
遊び心を追加します





「404.php」 内の適切な場所に HTML ソースで、表現したい内容を入力します。


テーマごとにファイルの内容が異なりますが、基本的に <div calss="post">~</div> 内が記事部となります。



保存して、完成です。



まとめ



404 ページは、ユーザが「誤って」飛んできたページですので、「ここはちがうよ」とシンプルに伝えるとともに、少しの遊び心をつけましょう。



  • 404 ページは、テーマエディタ―で [404.php] を編集することで、カスタマイズできる
  • カスタマイズは HTML で記述する必要がある


楽しいワードプレスライフを過ごしてくださいね(^^)/



Enjoy!よんまるよんさま!



WordPress のおすすめテーマ





WordPress の情報、テクニック一覧はこちらをクリック!













ブログランキング・にほんブログ村へ  




Presented By Irojiro Haraguro .Com