WordPress

【WordPress】ページの種類で広告の表示・非表示を切り替える方法(固定ページ、アーカイブには広告を表示しない)





サイドバーなどに(ウジェットを使って)Google AdSense(グーグルアドセンス) などの広告を作成するとき、


トップページ広告を 表示 したい
投稿記事広告を 表示 したい
固定記事(問い合わせページなど)広告を 非表示 にしたい
アーカイブ広告を 非表示 にしたい
404エラーページ広告を 非表示 にしたい
そのほか

種類ごとに表示・非表示を切り替える方法です。


ページの種類ごとにウィジェット(広告)を表示・非表示を切り替える方法


[Widget Logic] プラグインを利用します。


step
1
[Widget Logic] プラグインをインストールする


[Widget Logic] プラグインは WordPress のプラグインの新規追加で検索すると出てきます。

確認して有効化します。



step
2
広告を表示するウィジェットに条件式を入力する


プラグインをインストール(有効化)すると、ウィジェットに [ウィジェットのロジック] 入力フィールドが表示されます。

[ウィジェットのロジック] に 条件式 を入力します。



トップページ、または、投稿記事のみに表示したい場合は、

is_home() || is_single()

と入力します。


ポイント

[条件式] は、一致する場合、該当のウィジェットを表示し、一致しない場合は非表示とします。


is_home() …… トップページであること

is_single() …… 投稿記事であること

|| …… または(or 条件)


上述の場合は、「トップページ、または、投稿記事の場合、ウィジェットを表示する」条件となります。


Widget Logic プラグインの主な条件式


Widget Logic プラグインの主な条件式です。


is_404404 Not Found ページ
is_archiveアーカイブページ
is_categoryカテゴリーページ
is_homeメインページ
is_mobileスマホ・モバイルページ
is_pageWordPress ページ(固定記事ページ)
is_single個別投稿ページ
is_search検索結果ページ
is_tagタグページ

詳しい条件式については、WordPress Cedex 日本語版(条件分岐タグ) をご確認ください。


条件式の主な使い方


単純条件式


単純に条件を一つ指定する場合は、そのまま入力します。


例) トップページのみ表示する

is_home()


記事番号を指定する


記事を特定して判断する場合は、記事番号を入力します。


例) 記事番号 [2000] 番のみ表示する

is_single( '2000' )


例) 記事番号 [2000、2100、2200] 番を表示する

is_single( array ( 2000, 2100, 2200 )  )


条件を否定する場合


条件を否定する場合は、条件式の先頭に「!」(’ビックリマーク)を付与します。


例) 404 エラーページのみ除外する

!is_404()


条件を組み合わせる場合


条件を組み合わせる場合は、&& (かつ)、|| (または)などの演算子で連結します。


例) トップページ、かつ スマホ・モバイルページ を表示する

is_home() && is_mobile()


例) トップページ、または 投稿記事 を表示する

is_home() || is_single()


まとめ


サイドバーなどに(ウジェットを使って)Google AdSense(グーグルアドセンス) などの広告を作成するとき、ページの種類によって、ウィジェット(広告)の表示・非表示を切り替えたい場合には、[Widget Logic] プラグインの条件式を利用するのが便利です。


  • ウィジェットの表示・非表示の切り替えは、Widget Logic プラグインが便利
  • Widget Logic プラグインは多様な条件式が用意されている
  • Widget Logic プラグインは条件式を組み合わせて利用することもできる

条件によって動きが変わるページが作れるようになると、ページ表現の幅が広がってうれしいですね。


Enjoy!ウィジェット、ウィジェット、ウィジェーットォォォ!








Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ