WordPress

「価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない」の対策:404 ページで広告を非表示にする方法(Google AdSense / WordPress )


小さいロボット

サイドバーなどに(ウジェットを使って)Google AdSense(グーグルアドセンス) の広告を作成すると、404ページ(コンテンツがないページ)にも広告が表示され、Google Adsense のポリシー違反となることがあります。

404ページでは、広告(特定のウィジェット)を非表示とする方法を紹介します。

404ページでウィジェット(広告)を非表示にする方法

【Widget Logic】プラグインを利用します。

step
1
Widget Logic プラグインをインストールする

「Widget Logic」 プラグインは WordPress のプラグインの新規追加で検索すると出てきます。

確認して有効化します。

step
2
広告を表示するウィジェットに条件式を入力する

「ウィジェットのロジック」 に 「!is_404()」 と入力します。

!is_404()

※ 先頭のビックリマークを忘れずに!

ポイント

先頭の 「!」ビックリマークは「否定」を表しますので、これを書き忘れると 404のページだけ表示する広告 になっちゃいます(笑)

step
3
404 ページで動作確認する

実際に404ページを表示して ウィジェットが表示されないこと を確認します。

実際には存在しない URL に対してアクセスします。

例) https;//(自分のページのドメイン)/aaa

404ページでは、指定したウィジェットは表示されず(無くなり)、次のウィジェットを詰めて表示していることを確認して完了です。

まとめ

404ページの Google AdSense 広告表示はポリシー違反になるので、早めに対処しましょう。

  • 404ページでは Google AdSense の広告は表示してはいけない
  • 404ページで特定のウィジェット(項目)を非表示にするためには 「Widget Logic」 プラグインを利用する
  • 特定のコードをウィジェットに書き込むことで、404ページでウィジェット(広告)が非表示になる

プラグインを利用することで簡単に対応できますので、ぜひ、参考にしてください。

Enjoy!ハッピーライフ!ハッピーサイト!ハッピーワードプレス!

WordPress のおすすめテーマ



  • SEO に強く【集客力強化】が望める
  • かっこいい(かわいい)ホームページを作りやすい
  • 初心者でも使えて、上級者になっても満足できる


本気でブログアフィリエイトを戦うなら、使うテーマは「AFFINGER」!

WordPress ブログの最上級おすすめテーマ「AFFINGER」をお試しください。



AFFINGER の紹介はこちら




AFFINGER(アフィンガー)テーマは「ここ」がすごい!【WordPress 初心者必見!】

AFFINGER テーマを使うと「オシャレなサイト」を作りやすくなります。オシャレなサイトは、ユーザーの滞在時間が増え、サイト評価があがり、サイトの露出が増えて、さらにユーザ(読者)を呼び込む好循環を実現します。WordPressのテーマ「AFFINGER」を徹底紹介します。

続きを見る


WordPress の情報、テクニック一覧はこちらをクリック!










ブログランキング・にほんブログ村へ  




Presented By Irojiro Haraguro .Com