Miscellaneous notes

【生活】洗濯機のホースの交換方法(床を水浸しにしないために)



全自動洗濯機のホース(上側)からの急な水漏れ焦ります。思わず業者を呼んでしまいそうになりますが、出張費○万円とかかることもザラではありません。

洗濯機のホースは通常ホームセンターや家電量販店などで2000円程度で買うことができ、比較的簡単に自分で撮りつけることもできます。

出費をおさえる意味でも、ご自身でのお取替えも検討できるよう、本記事で実際に取り換えた体験を紹介します。

ホースを抜く前に気を付けること!

ホースを抜くときは、必ず「水が流れている状態」で栓を止めます。

水道に「安全装置」が付いていますが、ここに圧力がかかると、安全装置が働いて閉まります。

上述の手順で元栓を閉めなかった場合、安全装置が動きまして、常人の力では二度と開けられなくなります。

安全装置が作動した水道を元に戻すためには、それこそ業者を呼んで高いお金がかかることがあります。

気を付けましょう。

(古い)ホースの外し方

■ 洗濯機側のホースを外します

洗濯機につなげているホースは、歯車を回せば簡単に外れます。

■ 水道側のホースを外します

ここが緊張する水道からホースを外す場面ですが、落ち着いてやれば意外と簡単です。

レバーを下げて、可動部を下に移動させつつホースを引き抜きます。

ここは、案外固いので度胸が必要です。頑張りましょう

(新しい)ホースの取り付け方

■ ホースを購入する

ホースは、「全自動洗濯機」の統一規格です。特に型番指定等はありませんので、「洗濯機の上側のホースください」とお店に伝えれば問題ありません。長さには注意してください。


SANEI 自動洗濯機給水ホース 長さ50cm 元口付き ワンタッチ接続 ツバ付き 抜け防止 PT17-1-0.5

SANEI PT17-1-1 自動洗濯機元口付給水ホース1m 三栄水栓

価格:2,600円
(2022/1/30 13:15時点)

■ 洗濯機側のホースを取り付ける

洗濯機へのホースの取り付けは、洗濯機からホースを抜くときの逆手順で、歯車をくるくる回して取り付けます。

十分に常人の力で回せますので、しっかり閉めてください。

■ 水道側のホースを取り付けます

水道へのホールのはめ込みは、可動部を下げた状態で水道にはめ込み、レバーをカチっと止めます。

完成

これで交換は完了です。

取り付けが甘くて、水がドバーっと出てしまい、床が水浸しで大惨事にならないことを祈りながら、最初の選択をしてみてください。

※「水」だけを流してみてください。

Enjoy!1回やれば覚えるけど、十年後にまた交換になったら、きっと忘れてる。そんなときは本記事を見て思い出してくださいね。










ブログランキング・にほんブログ村へ  




Presented By Irojiro Haraguro .Com