ベトナム

★ 【ベトナム】「観光客」VS「店員」の熱き戦い!ドンコイ通りで値段交渉!





ホーチミンのドンコイ通り(ぷち銀座(笑))では、観光客向けの小物店や、服店、コーヒー豆売っている店など御座いますが、

ぼったくりとは言いませんが、観光客向け価格ですので、


だいたい市価の4倍……


ドンコイ通りでは値段交渉が大事


ベトナム旅行も最終日、ドンコイ通りお土産でも買おうと、小物売り店に入りますと、(アオザイを着た)お姉さんが笑顔で寄ってきます。


「ナニヲ、サガシテマスカ?」


少したどたどしい日本語ですが、日本語を聞くだけで嬉しい と思ってしまうのが旅行最終日(笑)

女性が好きそうな かわいい小物(カゴとか)や、コースター、ベトナム風お箸、面白いメッセージのTシャツなどが売っていまして、



iPho(アイフォー)Tシャツのセンスは神だと思う(笑)


「面白いメッセージのTシャツ」を買おうとお値段聞くと、「ニジュウマンドンです」(約1,000円)と言われますが、


だいたいTシャツはベトナムの街中だと、(交渉ですが)


5~6万ドン(250円~300円)が相場です(笑)


……4倍じゃん(笑)


ここでひるんではいけませんので交渉開始しまして、

わたくし、ベトナム通ぽく見せようと、お値段「ニジュウマンドン」と言われたらすかさず、たどたどしいベトナム語で


「マックワー(たかいー!)」


と切り返すのですが、店員のお姉さんに、たどたどしい日本語で、


「タカクナイヨ!フツーダヨー」


と切り返されます(笑)


日本人(観光客)がたどたどしいベトナム語を使って、ベトナム人のお姉さん(店員)がたどたどしい日本語を使う奇妙な光景が繰り広げられます(笑)


「ヤムヤー」ベトナム語で「安くして」と言う私、


「コレガ、ゲンカイヨ」日本語で答える店員


「ディスカウント プリーズ」英語で言ってみる私(笑)


「ダメヨ!コレガイチバン、ヤスイヨ」日本語で答える店員


だめかー、と思って、最後に

「もう、ほんとに、安くしてくんない?」

と日本語で言ったら


「ダー、マケテアゲルヨ」


と、6万ドンにしてくれました(笑)


交渉、楽しんでたの、お前かいっ!


って店員に心の中でツッコミいれた私です。


おまけ


いろいろ交渉してたら



お茶をご馳走してくれました(笑)


ありがとうベトナムのかわいい店員さん

君の笑顔は忘れないよ。


1,000円を300円に値引くのに1時間かけたことも忘れない(笑)


値引きはホドホドに(笑)


Enjoy!外国は、楽しむところで御座います(笑)







Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ