WordPress

【WordPress】「閲覧できません ( Forbidden access )」と表示されて保存できない場合の対処方法





WordPress で(主にコンテンツにスクリプトを書いて)保存した場合に、「閲覧できません」と表示されて保存ができない場合があります。

初めてみたときめっちゃ焦る(笑)

……いやマジで!


事象と対処方法を記載します。


「閲覧できません」と表示されて保存できない


主に <script> タブを含んだコンテンツを保存すると、以下の画面が出て保存できない場合があります。



閲覧できません ( Forbidden access )

指定したウェブページを表示することができません。
入力したURLや値が正しくない可能性が御座いますのでご確認ください。

The server refuse to browse the page.
The URL or value may not be correct. Please confirm the value.


原因は WAF セキュリティ


保存できない原因は、WAF セキュリティが有効になっているためです。


WAF セキュリティとは、

わくわく、あっぱれ、ファンタスティックセキュリティ!

……違います(笑)


WAF ( Web Application Firewall : ワフ ) とは、


Webアプリケーションに対する攻撃(「SQLインジェクション」や「クロスサイトスクリプティング」など)を防御するファイヤウォールです。基本的にサイトを提供するサーバでは WAF が ON になっていることで、外部からの悪意がある攻撃を防ぐ役割を担っています。


つまり……


あなたが押した保存ボタン操作を「悪意ある攻撃」だと思ってブロックしているんですね(笑)

守り過ぎ(笑)


対処方法は一時的に WAF を OFF にする


対処するためには

  • 攻撃(攻撃じゃ無いけど(笑))を特定して特定操作を常に除外する
  • 一時的に WAF を OFF にする

2つの方法がありますが、[一時的に WAF を OFF にする方法] を紹介します。


■ お名前ドットコムレンタルサーバの場合



  1. レンタルサーバのコントロールパネルにログインします。
  2. セキュリティタブをクリックして表示します。
  3. WAF を選択し、ON / OFF を切り替えて OFF にします。
  4. WordPress で「閲覧できません ( Forbidden access )」と表示されて保存できなかったコンテンツを改めて保存します。(成功します)
  5. WAF は大事なセキュリティですので、保存操作が終わったらすぐに設定を ON に戻します。

完了です(^^)/







Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ