WordPress

【WordPress】バージョンを簡単に下げる(ダウングレード)する方法




わたくし、WordPress + AFFINGER5 でサイトを作成しておりますが、WordPress を 5.4 から 5.5 にバージョンアップしたら、AFFINGER5 の記事編集時のタグが使えなくなってしまいました(T_T。

そのうち不具合改修されると思いますが、待ってられないので、WordPress を簡単にダウングレードする方法を紹介します。


バージョンダウン用のプラグインを使う方法


プラグインが利用できる状況であれば [ WP Downgrade | Specific Core Version ] プラグインを利用するのが最も簡単です。


step
1
プラグインの有効化


[ WP Downgrade | Specific Core Version ] プラグインは WordPress のプラグインの新規追加で検索すると出てきます。

確認して有効化します。


step
2
バージョンを指定する


① [設定] → [WP Downgrade] で画面を表示する



プラグインを有効化すると、[設定] メニューに [WP Downgrade] を表示しますので、ポイント(クリック)します。


② バージョンを指定する



WordPress Target Version に、ダウングレード(またはアップグレード)したいバージョンを記載します。

  • 現在のバージョンは Current WP Version で表示されます。
  • [WP Releases] をクリックすると、WordPress のリリース一覧を確認することができます。

[変更を保存] をクリックします。


③ [Up -/ Downgrade Core] をクリック



変更を保存すると、画像の黄色枠が表示されますので、[Up-/Downgrade Core] をクリックします。


step
3
ダウングレード(アップグレード)を実行する



ダッシュボードに移動してください。

[再インストール] ボタンが表示されますので、クリックします。

※しばらく待つと再インストール完了です。


step
4
再インストール結果(バージョン)を確認する



ダッシュボードの [概要] フィールドで現在の利用バージョンが表示されますので確認して完了です。


バージョンを変える前にはバックアップを取りましょう


バージョンを変えるなど環境に変更を行う場合は、事前のバックアップをおすすめします。


【WordPress】データのバックアップを簡単に取る方法(突然のクラッシュに対策しておきましょう)

万が一の対策に。WordPress のバックアップを簡単に取る方法について、プラグインを利用する方法と、利用しない方法を紹介します。

続きを見る


まとめ


WordPress の利用バージョンを変える方法は、「プラグインを利用する方法」と、「FTP で自分でファイルを更新する方法」がありますが、ぷrグインの利用が簡単ですのでおススメです。

(バージョンを変えた場合に、プラグインが利用できなくなった場合は、FTP を駆使して変更することになります)


  • WordPress のバージョン変更はプラグイン( [ WP Downgrade | Specific Core Version ] )を利用するのが簡単です。
  • バージョンを変更する場合は事前のバックアップをおすすめします。


Enjoy!バージョン変更したら使い勝手が変わるので、結構焦る(笑)




WordPress の情報、テクニック一覧はこちらをクリック!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ