レンタルサーバー情報

【IT技術者が実際に測った】レンタルサーバー速度比較!本当の「おすすめ」は、これだ!


パソコンを操作する情勢の手元

サイト(ブログ)を、より快適に読者に読んでもらうために表示スピードは重要なポイントであり、レンタルサーバーサービスの「速度」は大きく影響します。

しかし、レンタルサーバーサービスは自社のサービスが一番早いと宣伝しており、各社が公表している情報では実際のところがわかりません。

本記事では、レンタルサーバーの実際の速度をIT技術者の視点を活かして実測し比較しました。本当に早いレンタルサーバーサービスを紹介します。

はじめに(比較対象のレンタルサーバーサービス)

■ レンタルサーバー各社のサービスとスペック

レンタルサーバーサービスとして評判の高い3社「ConoHa WING」「エックスサーバー(Xserver)」「mixhost」に加えて、ドメインで有名な「お名前.com」の4社を対象にしています。

各社様々なプランを用意していますが、年間12か月の契約を行った場合に月あたり1000円前後となるプランを対象として計測します。

主なスペック比較表

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostお名前.com
プランベーシックスタンダードStandard(スタンダード)RSプラン
費用
(月換算)
11,880 円
( 990 円 )
13,280 円
( 1,110 円 )
14,520 円
( 1,210 円 )
12,936 円
( 1,078 円 )
初期費用無料3,300 円無料無料
サーバー(※)nginxnginxLiteSpeed 6.x.xnginx
CPU6コア6コア保証(全体128コア)6vCPU(非公開)
メモリー8GB8GB保証(全体1024GB)8GB(非公開)
ディスクSSDNVMe SSDピュアSSDSSD
ディスク容量300GB300GB300GB400GB
データベースMySQLMySQLMariaDB 10.3.x
(MySQL互換)
MySQL 5.7
オフィシャルサイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※ 正確には各社のオフィシャルサイトを参照してください。

※ 記載のスペックは2022年7月確認の情報です。

※ 「nginx」「LiteSpeed」は高性能な WEB サーバーです。

■ レンタルサーバーサービスの速度に影響するポイント

レンタルサーバーサービスが サイト(ブログ)の表示スピードに大きく影響するポイント は主に4種類あります。

ポイント

サーバー

サーバー性能

WordPress で作成されたサイトは、サーバー内に配置されたプログラム(PHPなど)でページを自動生成します。サーバー性能がサイトを表示するスピードに関係します。

ポイント

データベース

データベースアクセス速度

WordPress で作成されたサイトの記事データ、画像データなどのデータはデータベースに格納されています。データベースの検索処理速度はサイトを表示するスピードに関係します。

ポイント

ネットワーク

ネットワーク速度

画像のダウンロードなどネットワークは重要なポイントです。レンタルサーバー側のネットワークはもともとの太さ(帯域)と、共用人数で速度が変わります。実測値で速いネットワークであることは、サイトスピードに重要です。

ポイント

AI(エーアイ)

高速化 AI

WordPress のサイトでは、JavaScript や CSS などを多用しますが、非効率、重複したコードも多く存在します。高速化 AI の実装によりユーザー側へサイトの情報を送る前に最適なコードに変換しサイトを表示するスピードを速くする技術です。

※ 上記以外にも「サーバー側キャッシュ」など速度に関係する要因は複数あります。

本記事では上記のポイントをもとに速度の計測を行い、総合的にもっとも速度が望める「おすすめ」レンタルサーバーを紹介します。

レンタルサーバー速度の比較結果

■ サーバー処理速度(PHP 処理速度)を比較

レンタルサーバーサービスの PHP 処理速度で比較します。

PHP の簡易プログラムをサイトに配置して処理を行い、前後の処理時間を計測しました。

測定方法

  1. 処理【開始時間】を、ミリ秒単位で記録する
  2. 乱数で0~9までの数字を取得する
  3. (2)で取得した数値を加算する
  4. (2)で取得した数値を「文字列」として文字列結合(追加)する
  5. (2)~(4)の処理を一定回数繰り返す
  6. 処理【終了時間】を、ミリ秒単位で記録する
  7. 【終了時間】ー【開始時間】を処理時間として算出する

計測は各々10回づつ行い、平均値を算出しています。

PHP スピード計測

計測ページ(サンプル)

PHP 処理速度計測結果

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostお名前.com
処理時間13 (ms)907 (ms)32 (ms)14 (ms)

※ (ms) は「ミリ秒」(1/1000 秒)です。

「ConoHa WING」と「お名前.com」の性能が高く、「mixhost」も比較的高性能です。「エックスサーバー」だけ他社と比べて処理時間がかかる結果となりました。

■ データベース処理速度を比較

レンタルサーバーサービスのデータベースの処理速度で比較します。

データベースにアクセスして検索する簡易プログラムをサイトに配置して処理を行い、前後の処理時間を計測しました。

測定方法

記事数30のサイトを用意して、記事テーブルの記事本文に対して毎回異なる任意の文字を「あいまい検索」します。

(※ 30記事登録した場合、記事テーブル「posts」のレコード数は 120強程度となります)

  1. 処理【開始時間】を、ミリ秒単位で記録する
  2. 記事本文に対して毎回異なる任意の文字を「あいまい検索」する SELECT 文(検索命令)を発行する
  3. (2)で取得したレコード数を取得する
  4. (2)~(3)の処理を一定回数繰り返す
  5. 処理【終了時間】を、ミリ秒単位で記録する
  6. 【終了時間】ー【開始時間】を処理時間として算出する

計測は各々10回づつ行い、平均値を算出しています。

ポイント

通常データベースのアクセス性能を調べる場合、検索(SELECT)、挿入(INSERT)、更新(UPDATE)を確認しますが、「ブログを表示する速度」では挿入(INSERT)、更新(UPDATE)はほぼ影響しません。本記事では実際のサイト閲覧時の状況に沿って、検索(SELECT)をターゲットとして計測しています。

データベース速度計測

計測ページ(サンプル)

データベースアクセス 計測結果

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostお名前.com
処理時間541 (ms)57 (ms)636 (ms)535 (ms)

「エックスサーバー」だけ他社と比べて突出して処理時間が(桁が違うほど)早い結果となりました。エックスサーバーだけ何か特別なのでしょうか。

■ ネットワークを比較

レンタルサーバーサービスのネットワークの処理速度で比較します。

比較的大きめの画像を複数枚ページに配置して、都度ブラウザのキャッシュをクリアし、ページ全体の読み込み速度を計測しました。

測定方法

比較的大きめの画像複数枚を配置した記事を用意します。

「ブラウザ開発ツール」を表示し、ネットワークタブより、コンテンツのダウンロード時間を確認します。

  1. ブラウザ開発ツール(ネットワーク)を表示する
  2. ブラウザのキャッシュをクリアする
  3. 計測する記事を表示する
  4. コンテンツのダウンロード時間を確認する

計測は各々10回づつ行い、平均値を算出しています。

ポイント

ネットワーク(ダウンロード速度)はクライアント側(読者側)のネットワーク回線にも依存するため、「①マンション光回線」「②スマホのデザリング(3大キャリアの一つ)」「③任意の公共ネットワーク」など多様な環境で比較しましたが、傾向は変わりませんでした

ネットワークなど

計測ページ(サンプル)

ネットワーク 計測結果

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostお名前.com
処理時間7106 (ms)7246 (ms)9542 (ms)5217 (ms)

「お名前.com」が比較的ダウンロード時間が短い傾向になりました。ネットワークは大きい橋をみんなで渡るようなもの なので、もともとの回線の太さにもよりますが、利用者数が少ないサービス会社ほど早くなる傾向もあります。

■ PageSpeed Insights で比較

PageSpeed Insights (ページのスピードを計測するサービス)の計測結果で比較します。

WordPress テーマとの相性を避けるため、「SWELL」「AFFINGER」「Cocoon」でシンプルなサイト(トップページ)を作り、各々計測しましたが、各社の数値の傾向は変わっておりません。

ポイント

  • 「お名前.com」は「WEXAL 高速化(AI)」を有効(設定変更)にして計測(他社は設定変更なしで有効)
  • 各テーマは高速化の設定・プラグインなどを未導入の状態で試行しています
  • 「AFFINGER」は「LazyLoad」が無効状態での試行です(初期設定で試行のため)
  • 「AFFINGER」の携帯電話高速化(AMP対応)は無効状態での試行です(初期設定で試行のため)
  • (プラグイン利用などでの)画像圧縮等は行っておりません
  • テーマに依存する高速化対応等をしていないため WordPress テーマの優劣を示すものではありません

計測用に利用したトップページデザイン

計測用に作成した各テーマのトップページデザインです。(マウスオーバーでスクロールします)

SWELL

AFFINGER

Cocoon

PageSpeed Insights 計測結果

■ PageSpeed Insights(携帯電話)

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostお名前.com
SWELL
AFFINGER
Cocoon

■ PageSpeed Insights(デスクトップ)

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostお名前.com
SWELL
AFFINGER
Cocoon

各社ともに高い数値で安定しているため、どのサービスを利用しても遜色なく利用できます。表示速度の体感も特に変わりありません。

数値的には「お名前.com」が若干低く出ます。「お名前.com」のサーバ自体の性能(PHP速度、データベース、ネットワーク)はむしろ良い数値であるため、高速化処理(サーバ内キャッシュや高速化AIなど)の違いが影響している可能性があります。

ポイント

高速化AIなどは、基本的には利用価値が高く有用です。

ただし、JavaScript や CSS などを解析して読み込み有無や読み込み順番を強制的に書き換えるため、利用するテーマや記事によっては相互干渉し表示が崩れる場合などがあります。利用には注意が必要です。

結論(おすすめレンタルサーバーサービス)

各社とも素晴らしいサービスで、利用していて体感ではスピードの違いを感じることはありません。

「PHP処理速度」、「データベースアクセス」、「ネットワーク」、「PageSpeed Insights」で各々確認した一覧、および、総合評価です。

ConoHa WINGエックスサーバーmixhostお名前.com
PHP 処理速度                        
データベースアクセス                        
ネットワーク                        
PageSpeed Insights                        
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総合評価                        
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィシャルサイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

各社とも素晴らしいサービスで、どのサービスを選んでも間違いはありませんが、速度面で評価した場合「ConoHa WING」が最も評価が高くなりました。

速度面を最重視される場合、「ConoHa WING」のご利用をおすすめします。

初期費用無料

ConoHa WING の申し込みはこちら

ConoHa WING

【ConoHa WING で始める】アフィリエイト・ブログの始め方手順

「Conoha WING」は、料金の安さや、サーバーのスピードなどの評判が良いサービスです。

上記の記事では、「ConoHa WING」サービスを利用して、簡単にサイトを開設する手順を紹介します。

レンタルサーバーの情報一覧はこちらをクリック!










ブログランキング・にほんブログ村へ  




Presented By Irojiro Haraguro .Com