Road To お金持ち

お金持ちへのステップ2(「資産」と「負債」を理解すること)


タイトル




「資産家になりたい(=お金持ちになりたい)」

「資産家になりたい(=不労所得でくらしたい)」

「資産家になりたい(=世の中あそんでくらしたーい)」



お金持ちになるための「資産」と、対比である「負債」について解説します。



「資産」と「負債」とは何か。



「資産」と「負債」について理解することは、これから「副業」をしていく中重要です。

(※ 広義の意味、または経理上の意味での「資産」「負債」ではなく、「お金持ちになるための」意味としてご理解ください)



■ 「資産」とは



「資産」とは、「それを持っていることであなたにお金を与えるもの」です。



  • 不動産・賃貸アパート(※家賃収入)
  • 権利(※収入)印税など
  • 株式(※キャピタルゲイン、インカムゲイン)


俗に言う「不労所得を得れるもの」はイメージがしやすい資産です。

※ 「持ち家(居住住宅)」は「資産」かというと「価値のあるもの」ですが、ここでは「資産」の定義にはいれません。



ポイント



「持ち家(マンション、一戸建て)」は、自分が居住している範囲では、「お金」を生み出さないため「資産」とは言えない




あなたの見た目を豪華にしてくれる「高級時計」も、あなたのナンパを助けてくれる(笑)「高級スポーツカー」も、「価値あるもの」ではありますが、ここでは「資産」とは考えません。


資産とは、「それを持っていることであなたにお金を与えるもの」です。



■ 「負債」とは



「負債」とは「それをもっていることであなたからお金が出ていくもの」です。



  • 借金(消費者金融、ローン、リボ)
  • 不動産(固定資産税、維持費)
  • 各種経費(通信費、電気代、電話代)


「借金」はイメージしやすい「負債」ですが、定期的に(毎月など)継続的にお金を支払い続けるものは全て「負債」と考えます。

「持ち家(居住住宅)」は「価値のあるもの」ですが、「固定資産税」「修繕費」がかかる時点で「負債」と考えます。

(「住宅ローン」を抱えている場合、相当の「負債」を持っていると考えてください。)



ポイント


「持ち家(マンション、一戸建て)」は、自分が居住している範囲では、「お金」が定期的に減っていくものであるため、ここでは「負債」と考えます。




「持ち家」はあなたに「将来の安心」を与えてくれるものですし、「高級時計」「車」などは、あなたの生活を充足させてくれるものですので、決して「持ってダメなもの」ではありません。

むしろ、「心の充実度」は毎日のあたなの生活を豊かにするために必要なものですので、決して否定するものではありません。



「負債」とは「それをもっていることであなたからお金が出ていくもの」です。



あなたの立ち位置にそって「資産」と「負債」を理解する



いまのあなたの「資産」と「負債」が何かを理解し、次に進みたい(なりたい)あなたの「資産」と「負債」を理解することが大事です。



■ 【E】、【S】、【B】、【I】における「資産」と「負債」



収益には4種類の形(フェーズ)があります。



ESBI図


【E】、【S】、【B】、【I】の4つのフェーズについては、次の記事を参照ください。



お金持ちへのステップ1(【労働者・会社員】からの脱却を目指すこと)

お金持ちになるためには【労働者・会社員】からの脱却が必要です。労働型収益から、自動収益型へ進む道をご紹介します。一番大事なのは世の中の仕組みに気が付くこと!本記事を読んで、お金持ちへの道(仕組み)に気が付いていただければと思います。

続きを見る



それぞれの「資産」と「負債」を理解しましょう。


資産負債
【E】Employee・自分自身の労働力(体力、頭脳、時間)・生活費
・借金(各種ローンなど)
・各種経費(通信費、電話代など)
【S】Self employed・技術スキル(売れるスキル)
・収益化の仕組み
【B】Business owner・会社(働かせる仕組み)
【I】Investor・投資商品(株式など)


ここで大事なポイントは2点あります。


  • 各フェーズによって必要な「資産」は違う
  • どのフェーズでも「負債」はあまり変わらない

「負債」を減らす能力は一度理解してしまえば共通です。あとは自分がなりたいフェーズに向けた「資産」を手に入れることがステップアップ、そして、お金持ちへと進む道程になっていきます。


それでは具体的に【E(Employee)】と【S(Self Employed)】の「資産」についてみていきます。



■ 【E(Employee)】の「資産」



【E(Employee)】(労働者=会社員)の資産は「自分自身」です。


  • 労働力が「資産」である(労働者は「自分の労働」で収益を得る)
  • 「労働」は「時間」の消費である
  • 労働力は、替えの効かない唯一の資産(資本)である

もっとも大事なことは、「労働力」は有限であり稼げるお金に限界があることと、「労働力」の提供が難しくなった場合(加齢、病気、家庭の事情など)収益の基盤が失われることがリスクであることです。


ポイント


【E(Employee)】のみで生きていく人は、これを強く意識し続ける必要がありますが、そこには多くのリスクがありますので、早めに【S(Self Employed)】への転身をおすすめします。

※ 本業を【E】で行い安定した収益を確保しつつ、副業を【S】で行い飛躍するチャンスを得ることを取ることをおすすめします。



■ 【S(Self Employed)】の「資産」


【S(Self Employed)】の資産は「技術スキル」と「収益化の仕組み」です。


技術スキル


[技術スキル] は、あなたが持っている(相手に売ることができる)特技です。

特に今のネットで副業ができる時代では、「スキルを売って(使って)副業をする」土壌ができています。


ポイント


  • Web ライター
  • イラスト作成
  • 動画編集(動画公開)
  • プログラミング
  • 情報保持(note の記事販売など)
  • サイト作成(サイトアフィリエイトなど)



これらの「技術スキル」は(お金を得るための)あなたの「資産」です。

【S(Self Employed)】で成功するためには、このような「資産」である「技術スキル」が必要です。


収益化の仕組み


「技術スキル」を身に着けたあなたが「ネット」で副業をしていくなかで狙っていける「資産」が、「収益化の仕組み」です。

ネット副業でいう「収益化の仕組み」とは、「お金を生み出すデジタルコンテンツ」を指します。


ポイント


  • YouTube 動画(広告収入)
  • サイトアフィリエイト(広告収入)
  • 情報記事(note など)
  • 写真、素材販売
  • LINE スタンプ販売


デジタルコンテンツを「収益化」の流れに乗せれば、自然とお金を生み出す「収益化の仕組み」という「資産」を持つことができます。


ポイント



もっとも注目するべき点は、「自分の体を使った労働力(=自分の時間を使った収益)」に依存せずにお金(収益)を生み出していける可能背があるという点です。

「自分の時間」を有意義に使うことができ、自分の体(労働力)に対する収益の面でのリスクヘッジをすることができます。



同じ副業でも「労働型の副業」ではなく、「自動収益型の副業」(資産)を目指して(増やして)いくことが必要です。



まとめ



まとめ


お金持ちへと続く道の「資産」と「負債」の考え方は以下の通りです。



  • 「資産」とは「持っていることでお金を得られるもの」である
  • 「負債」とは「持っていることでお金が出ていくもの」である
  • 収益の種類の各フェーズごとで「資産」は異なる
  • 【S(Self Employed)】に必要な資産は「技術スキル」と「収益化の仕組み」である


あなたにとって、より魅力的な(より好ましい)「資産」をもって、よい収益をあげていきましょう。



Enjoy!悠々自適にベトナムかハワイで毎日遊んで暮らしたい!



■ 次の記事に進む

お金持ちへのステップ3(【S(自営業者)】に必要な2つの資産を得るために必要な3つの力)

お金持ちになるためのステップ【S(自営業者)】に必要な2つの資産を得るために必要な能力3点を解説します。必要な能力は何か?その答えは記事の中で!

続きを見る


■ 最初から読む

お金持ちへのステップ1(【労働者・会社員】からの脱却を目指すこと)

お金持ちになるためには【労働者・会社員】からの脱却が必要です。労働型収益から、自動収益型へ進む道をご紹介します。一番大事なのは世の中の仕組みに気が付くこと!本記事を読んで、お金持ちへの道(仕組み)に気が付いていただければと思います。

続きを見る





「Road To お金持ち」の一覧はこちらをクリック!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ