アフィリエイト

【Xserver(エックスサーバー)で始める】アフィリエイトの始め方、簡単手順、レンタルサーバー


パソコンを使う女性

ブログアフィリエイトを始めるためには、ドメインやサイトなどを構築する必要があります。 

本記事では、「Xserver(エックスサーバー)」レンタルサーバサービスを利用して、簡単にサイトを開設する手順を紹介します。

「Xserver」サービスの特徴

「Xserver」は、レンタルサーバーサービスの会社と思われがちですが、ドメインのサービスなど、サイトを始めるために必要なサービスをオールインワンで提供しています。

  • 超高速サーバー環境で大量アクセスにも強い
  • サイト運営に便利な充実機能が揃っている
  • 豊富な運用実績。充実のサポート体制

レンタルサーバーと言えば「Xserver」と言われるほどの老舗であり、今なお高速サーバーについて国内ナンバー1を競っている優良サービスです。

初期費用と運用費(イニシャルコストとランニングコスト)

先に、気になる初期費用と運用費を先に見ておきましょう。(目安です)

初期費用継続費用(年)
ドメイン取得(Xserver)

1円

無料(レンタルサーバーと一緒に申し込んだ場合)

レンタルサーバー(Xserver)

3,000円

(約)12,000円~(プランによる異なる)

WordPress のテーマ

0円 ~ 20,000円

0円(初期費用のみ)

独自 SSL(Xserver)

0円 ~

0円 ~

※ 正確には エックスサーバー サイトを確認してください。

年間「約12000円~」の運用費用(ランニングコスト)を見ておけばいいですね。

ポイント

もしあなたが月間5万円~の収益をあげることを目標にしているならば、1年間に1万円程度の運用費は決して高くはありませんね。

アフィリエイトを始める手順

サイトの開設から記事を書いてアフィリエイトを始めるまでの手順です

ポイント

  1. レンタルサーバを契約する
  2. ドメイン(URL)を取得する
  3. WordPress をインストール(設定)する
  4. サイト全体の設定をする
  5. ASP に登録する
  6. 記事を書いて始めよう

「Xserver」サービスは、ドメインの取得から、サーバのレンタルまで、オールインワンで進められ、かつユーザビリティが高い(画面が使いやすい)サービスです。

本記事では、「Xserver」サービスでアフィリエイトを始める手順を進めていきます。

■ (1)レンタルサーバを契約する

Xserver の最も優れている点は、実績が多く安心のレンタルサーバーサービスです。

以下のバナーから Xserver レンタルサーバーサービスを申し込みます。

国内シェア No.1 です!

1.1. レンタルサーバーを選ぶ

レンタルサーバー申し込み画面

レンタルサーバーを選択します。通常のブログ(サイト)の場合、スタンダードプランで問題ありません。

1.2. アカウントを作成する

Xserver アカウント作成

すでに Xserver アカウントを持っている方はログインします。持っていない方は、「初めてご利用のお客様」から画面の案内に従ってアカウントを作成します。

1.3. サーバーIDを指定する

サーバーID指定画面

サーバーID(サーバーを識別する名前)を指定します。別にドメインを取って運用する場合、特に表に出る名前ではないので、他者に推測されにくいような任意の文字列を指定すると良いでしょう。

WordPress クイックスタートのチェック

「WordPress クイックスタート」は特にチェックする必要はありません。

(チェックして、インストールを進めても構いませんが、後ほど別途 WordPress を入れる手順は解説します)

「Xserver アカウントの登録へ進む」をクリックして申し込みを続けます。

1.4. 契約情報を入力する

契約情報入力

「住所」「氏名」などの契約情報を入力します。

1.5. 確認コードを入力する

認証コード入力

設定したメールアドレスあてに「確認コード」が送信されるので、確認して入力します。

1.6. 申し込み情報を確認する

お申込内容確認画面

申し込み内容を確認して、間違いなければ、申し込みを行います。

お申し込み完了画面

申し込み完了です。

レンタルサーバー管理画面

申し込み後、レンタルサーバーの管理画面を表示します。こちらの画面より引き続き、「ドメイン」の取得を行います。

ポイント

Xserver サービスは、最初の10日間、レンタルサーバーサービスを無料で利用することができます。

継続して利用する場合は、画面上の「料金の支払い」から、利用料金をお支払いください。

■ (2)ドメイン(URL)を取得する

Xserver サービスでは、レンタルサーバーを契約すると、ドメイン1個が無料で利用可能となります。

ブログ(サイト)の初期構築時では、このまま、Xserver サービスでドメインを取得したほうがお得です。

2.1. ドメインを指定する

ドメイン取得ボタン

レンタルサーバーの管理画面から「ドメイン取得」をクリックします。

ドメインの検索と申し込み

希望のドメインを検索して、空いていることを確認し申し込みます。

ポイント

ドメインの 「.com」や「.jp」には意味があります。最初にブログを始めるならば「.com」などの よくあるもの を選びましょう。

あまり奇怪な名前の場合、スパムサイト等とご認識される場合がりますのでご注意ください。

「.jp」ドメインは、日本国内に居住している(住所が確認できる)場合のみ取得可能です。

2.2. レンタルサーバーにドメインを紐づける

レンタルサーバーとドメインの紐づけ設定

「レンタルサーバー」の管理画面から「サーバー管理」をクリックします。

ドメイン設定の操作

「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン名の指定

「ドメイン設定追加」を選択し、取得したドメインを入力します。「確認画面へ進む」をクリックし、画面の案内に従ってドメインを追加します。

「無料独自SSLを利用する」と、「Xアクセラレータ」は有効にします(チェックします)。

ドメイン設定処理待ち画面

「反映待ち」と表示されます。内部処理中ですので、1~2時間程度待ちます。

ドメイン設定完了画面

処理が完了し画面が切り替わったら、設定完了です。

2.3. ドメインにネームサーバーを紐づける

ネームサーバーとは、対照のドメインをレンタルサーバーで使用するために必要な設定です。

Xserver サービスでレンタルサーバーを契約し、同じくXserverサービスでドメインを取得した場合は自動で設定はできていますので、特に追加の操作は必要ありません。

ポイント

他社のドメインサービスを利用してドメインを取得した場合は、Xserver のネームサーバーを他社のドメイン側に設定する必要があります。

■ (3)WordPress をインストール(設定)する

「WordPress」 とは、ページのスタイルや、記事などを記載、管理をするためのツールです。

WordPress をインストールしましょう!

WordPress 新規インストール操作

「レンタルサーバー」の管理画面から「WordPress の新規インストール」をクリックします。

ドメインの選択画面

WordPress をインストールするドメインを選択します。

サイト初期設定画面

ブログ(サイト)に必要な情報を入力します。

「ユーザー名」と「パスワード」は、ブログ記事を書くための WordPress の管理画面にログインするためのアカウントです。乗っ取りなどの被害にあわないように、簡単には想像できない複雑な文字列を指定することをお勧めします。

管理画面URL取得画面

管理画面 URL に記載された URL アドレスが、WordPress の管理画面(ブログ記事を書く場所)になるので、必ず記録して保持してください。

WordPress のインストール完了です。

■ (4)サイト全体の設定をする

サイトの名前や、色などをデザインしていきます。

4.1. WordPress の管理画面にログインする

WordPress ログイン画面

WordPress インストール時に発行された「管理画面 URL」にアクセスして、ユーザー名、およびパスワードを入力してログインします。

(※ ユーザー名とパスワードは WordPress インストール時に指定した情報です)

4.2. テーマを設定する

テーマの選択

「外観」 から 「テーマ」 をクリックします。

「テーマ」 はページ全体のデザインです。

テーマは世の中で多様なテーマが用意されており、無料のものから5000円~20000円程度、言語も日本語、英語他など多様ですが、最初にお試しで使うならば無料で使えるテーマ 「Cocoon」 がおススメです。

  • 「Cocoon」は、公式サイト( https://wp-cocoon.com/ ) からダウンロードします。
  • ダウンロードしたファイルを テーマ に登録します。
  • 登録したテーマを 「有効化」 します。

■ 主なテーマ一覧

テーマ特徴価格
AFFINGER

機能が豊富で、個人サイトを運営するブロガー、アフィリエイターに人気なテーマです。
画面からの操作でできるカスタマイズが多く、初心者でもカッコイイサイトを作ることができます。
かつ、拡張性が高いことから細かいカスタマイズ拡張ができ、熟練者も満足するテーマです。
有料
(14,800円)
SWELL

現在、とても人気の高いテーマです。初心者に優しく、簡単にオシャレなサイトを作ることができます。
基本的な機能はほぼすべてそろっているので長く使っても困りません。
有料
(17,600円)
Cocoon有料テーマ並みの優れた機能が装備されているテーマです。
人気も高いテーマの一つで、初心者にも使いやすいテーマです。
ただし、有料テーマに比べると、デザイン性、カスタマイズ性は劣ります。
無料

ポイント

初心者が始めやすい「SWELL」か、上級者になっても満足して使える 「AFFINGER」 がおススメです。

WordPress のテーマは、記事を多く書いてサイトが成長してからのテーマ変更は難しいのが現実です。自分に合ったよいテーマを選んでください。

AFFINGER(アフィンガー)テーマは「ここ」がすごい!【WordPress 初心者必見!】

AFFINGER テーマを使うと「オシャレなサイト」を作りやすくなります。オシャレなサイトは、ユーザーの滞在時間が増え、サイト評価があがり、サイトの露出が増えて、さらにユーザ(読者)を呼び込む好循環を実現します。WordPressのテーマ「AFFINGER」を徹底紹介します。

続きを見る

4.3. 基本設定を行う

サイトの一般設定

「設定」 → 「一般」 をクリックします。

  • 「サイトのタイトル」、「キャッチフレーズ」、その他の情報を登録します。
  • 「WordPress のアドレス」、「サイトアドレス」は基本的に変更しません。(不用意に変更すると、WordPress が使えなくなります ※)

4.4. サイトを SSL 化する

SSL 化とは、サイト全体のセキュリティ強化(暗号化)です、

見た目上はURLが 「http://」 から 「https://」( s がつく)に変わります。

現在のインターネットの世界では、SSL 化はサイトを運営していくうえで、ほぼ必須の設定になっていますので必ず実施してください。

SSL設定画面

「レンタルサーバー」の管理画面 から「SSL設定」をクリックします。

ドメインへのSSL設定画面

SSL を設定するドメインを選択します。

SSL設定確認画面

設定対象ドメインが指定のドメインになっており、無料独自SSL一覧に記載があることを確認します。

(「www」は付いていて構いません)

URLのSSL化設定画面

WordPress の管理画面 にて、「設定」 → 「一般」 で、アドレスを 「https」 に変更します。

サイトの SSL 化完了です。

■ (5)ASP に登録する

企業広告をサイトに載せるためには、ASP( アプリケーションサービスプロバイダ / Application Service Provider )に登録します。

代表的な 「A8.net」 は、審査なしで無料で登録できる有名で優良な ASP ですので、最初に登録する場合、A8.net に登録すると良いでしょう?

A8.net 申し込みはこちら

A8.net にて、「メディア会員」 登録してください。

■ (6)記事を書いて始めよう

WordPress で記事を書いて公開していきます。

記事の新規作成画面

WordPress 管理画面から、「投稿」 →「新規作成」 をクリックして、記事を書いていきます。

ASP から企業広告(広告用 URL)を記事内に貼って記事を公開することで、ブログ(サイト)アフィリエイトを始められます。

まとめ

サイトの構築は専門的な言葉も多く最初は取り掛かりが難しいところがありますが、最初の1回だけやれば、記事を書き広告を載せていくことができます。

最初を乗り越えて、アフィリエイトを開始することが必要です。ひとつづつ、確実に!。

ポイント

  1. ドメイン(URL)を取得する
  2. レンタルサーバを契約する
  3. WordPress をインストール(設定)する
  4. サイト全体の設定をする
  5. ASP に登録する
  6. 記事を書いて始めよう

Enjoy!たのしいアフィリエイト生活を過ごしてくださいね。

アフィリエイトの関連記事一覧はこちらをクリック!










ブログランキング・にほんブログ村へ  




Presented By Irojiro Haraguro .Com