ベトナム 千葉

【津田沼】カニカニバインミー(コムコムベトナム料理店)





バインミーはベトナムの美味しいサンドイッチで御座いますが、サンドイッチにソフトシェルクラブ(カニ)を丸々挟んだ「カニカニバインミー」が一風変わった美味しい料理で御座います。ぜひ津田沼にお越しの際には、ご賞味くださいませ。



津田沼ベトナム料理店「コムコムベトナム」レストラン



千葉県の魅惑の都市「津田沼(つだぬま)」は、「津」と「田」と「沼」の都市で御座いますので、「どれだけ湿気ってるんや!」とツッコミたくなる地名で御座いますが、習志野台地に支えられた頑丈な地盤に立ち並ぶ住宅街の明るい街で御座います。

津田沼には駅前にパルコデパートがありまして、2023年2月末に閉店することが決まっている同デパートに新規オープンするチャレンジングなレストランがベトナム料理店「コムコムベトナム」です。



コムコムベトナムには名物料理「カニカニバインミー」がございまして、さっそく注文しようと目の前を見ると、





ベトナムビールが飲みたくなります!(^_-)-☆


どんだけー!





ベトナムの有名ビール「333(バーバーバー)」を、一番搾りのグラスで飲むこの美味さ!

333(バーバーバー)は軽いビールですが、その軽さが心地よく飲めるのがベトナムビールの美味しさで御座います。



ぷはー!



カニカニバインミーを食べる





本命の「カニカニバインミー」で御座いますが、


カニを丸ごと挟んじゃいました!カニカニバインミー

タマリンドソース仕立て!カニカニバインミー(タマランドソースって一瞬読んだ!)


一匹丸ごと甲羅ごと挟んであげているカニを丸々使ったバインミーで御座います。



さっそく注文して待つこと15分





カニカニバインミーの登場です。

(もはや、カニかどうか見た目ではわからないけど)



パンよりも具のほうが多い不思議!



かぶりつきますと、カニ汁がジュワジュワでてきて、口の中に一杯にカニ味が広がり、ソフトシェルクラブの甘味とバインミーソース(たまらんソース)の苦みが合体したこの何とも言えない


ザッツベトナム!


の味の虜になってかぶりついて一気に食べまくりますが、テーブルの上は滴り落ちたカニ汁でいっぱいになります!



だだ漏れです!



食べ終わった後に、目の前に「お箸」があったことに気が付いたことは言うまでもありません(笑)



おまけ





カニカニバインミーを頼むと15分ぐらい調理に時間がかかりますので、ビールのおつまみを頼もうとメニューを見ますと、


  • カエルのレモングラス唐辛子炒め
  • カエルのバター揚げ
  • 豚コブクロのショウガ蒸し
  • 豚コブクロの高菜炒め
  • 鶏足もみじのヌクマムとスイートチリ炒め
  • 鶏足もみじのネギと生姜蒸し
  • 孵化寸前の鶏の卵

どれも魅力的ですが簡易な気持ちでは食べられないチャレンジャーなメニューで御座います。

次は上から食べていこう!


Enjoy!津田沼でベトナム料理を食べる一日





素敵な国で、素敵な街で、素敵なあなたに会える国、ベトナム旅行記事一覧はこちらをクリック!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ