WordPress

【WordPress】インストール後に直ぐにやっておくべき3つの大事なこと!




ドメインをとって、サーバをレンタルして、WordPress をインストールして、


「さあ、記事を書いてサイトを公開だー!」


意気込みをとても応援したいのですが、記事を(たくさん)書く前に、やっておくべき3つのことが御座います!


ポイント

  • パーマリンクを設定する
  • カテゴリを決めてメニューを作る(サイト設計)
  • サイトをSSL化する

先にやっておくべき理由


紹介した3つのことは、いずれも、設定後にURLが変わります。


URLが変わると困ることが多数ありますので、先にURLを確定しておくことが必要です。


ポイント

  • ASPに登録しているURLを変えなくてはいけない
  • 検索エンジンが昔のURLを覚え続ける
  • SEOの対策をやり直す必要がある(かもしれない)

3つのやるべきこと


パーマリンクを設定する


パーマリンク設定とは、「記事を表示するときの URL 設定」です。

ディフォルト(初期値)は、以下のURLになります。

http://(ドメイン名)/?p=[記事番号]

このままでも良いですが、ちょっと WebPage (blog)っぽくしたいのであれば、

http://(ドメイン名)/archives/[記事番号]

archives ~~もよく見かけますね。


step
1
パーマリンクの設定画面の表示


パーマリンクの設定画面を表示します。



WordPress のメニューから [設定] → [パーマリンク設定] をクリックします。


step
2
パーマリンクを設定する


パーマリンクを設定します。



[基本] ~ [投稿名] まで、あらかじめ用意されている設定から選ぶこともできますし、[カスタム構造] で独自に作成することも可能です。


step
3
[カテゴリ] と [タグ] のサブディレクトリを設定する


[カテゴリ] と [タグ] で一覧を表示する際の URL のサブディレクトリを設定します。



[パーマリンクの設定] 画面の下方に [オプション] グループがありますので、[カテゴリベース] と [タブベース] のサブディレクトリを設定します。

設定が完了したら [変更を保存] ボタンをクリックします。


カテゴリを決めてメニューを作る


カテゴリの大項目を決めます。

早いうちにカテゴリ(の大項目)を決めておくことには、2つの理由があります。


ポイント

  • カテゴリごとのサブディレクトリ名称(スラッグ)を決めておきたい
  • メニューを配置し、サイトの横幅(バランス)を見ておきたい

step
1
カテゴリの大項目を決める


カテゴリには [スラッグ] というカテゴリで一覧を出した時に使うサブディレクトリ名が付きます。

あらかじめ、カテゴリの大項目を決めておくことをおすすめします。



[投稿] → [カテゴリー] からカテゴリ(大項目)を設定します。

サイトの記事を増やしていく前にカテゴリの大項目を決めるのは難しいですが


  • カテゴリのスラッグ(URL)を早めに決めておくことで、検索サイトに早めに構造を覚えてもらう
  • サイトの方向性を定める

などの効果が期待できます。


step
2
メニューを決める


メニューは後から設定しても良いですが、カテゴリとメニューは密接に関わっていますので、カテゴリの大項目を決めたらメニューに設定し、バランスを見ます。

※ ここでバランスが悪いようであれば、カテゴリから見直します。



メニューを作る方法は下の記事を確認してください。


【WordPress】「ヘッダメニュー」を作る方法(項目、配色の設定方法)

サイトのメニューはユーザビリティ向上の重要なポイントです。メニューの作成方法(項目の設定、配色)を解説します。(横幅を 100%にする方法も解説します)

続きを見る


サイトをSSL化する


サイトを SSL 化すると、多様な効果が期待できます。


ポイント


  • サイト(通信)が暗号化される / 証明書が発行されることでサイトの信頼度があがる
  • SEO、検索順位向上に優位
  • 利用者に「安心感」をあたえる


SSL 化すると、URL ( プロトコル)が、"http" から "https" に変わります。

変更前:http://irojiroharaguro.com/

変更後:https://irojiroharaguro.com/

サイトのURLが変わりますので、[ASPなどへのサイトURLの登録] などを実施している場合、再登録が必要になります。

また、既に記事を多数書いている場合、内部リンクのURLを書き換えるなど、後になるほど面倒になりますので、なるはやでSSL化しておきましょう。


以下は [お名前.com] でレンタルサーバしている場合の例です。


[お名前.com] 申し込みはこちら


[お名前.com] はドメインからレンタルサーバ(プラスアルファの機能)までオールインワンで揃っていて設定が簡易で使いやすいと思います。


step
1
SSL 証明書の指定



[レンタルサーバ] の [コントロールパネル] から、[セキュリティ] の [SSL証明書] を選びます。



迷ったらまずこちら、無料SSLらしいので(笑)、[無料SSL] で登録します。



ちょっと登録に時間がかかりますが、ステータスが [有効] になったら登録完了です。


step
2
URLの設定を変更します


WordPressアドレスの変更です。



WordPress の [設定] → [一般] で、アドレスを [https] に変更します。


まとめ


あとからURLが変更になると、いろいろと不都合が出てきますので、WordPress を導入したら早めにURLが変わる設定3点を実施しておきましょう。


  • パーマリンクを設定する
  • カテゴリを決めてメニューを作る(サイト設計)
  • サイトをSSL化する


Enjoy!楽しい サイト を作っていきましょう!(^^)/



【AFFINGER5】購入方法・導入方法を初心者にもわかりやすく解説!(WordPress のテーマ「アフィンガー」)

アフィリエイトに最適なWordPressのテーマ「AFFINGER5」は初心者から上級者まで使える全万能型の最強テーマの一つですが購入時・購入時とインストール時の方法が若干わかりにくいです。本サイトでは、購入から導入までの方法を初心者にもわかりやすく紹介します。アフィンガー購入ご希望の方、本サイトを参照してくだされば幸いです。

続きを見る




WordPress の情報、テクニック一覧はこちらをクリック!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ