静岡

【熱海】「大江戸温泉物語 あたみ」宿泊記(あたみであたみをあたみします?)


大江戸温泉あたみの入り口




日本が誇る温泉観光地「熱海」の「大江戸温泉物語 あたみ」宿がコスパ最強の1泊2日プランを提供しておりますので、実際に使わせていただいた写真付きレポートをご紹介させて戴きます。控えめに言っても


最高です!(笑)


熱海駅から大江戸温泉物語へ


源泉 福福の湯

熱海駅を降りて駅前商店街を歩いていると「源泉 福福の湯」なる手湯が見つかります。思わず


賽銭入れて拝みそうになりました(笑)


いや、神社の祠に見えるやろ!これ(笑)


熱海の駅前商店街は観光客がほぼ必ず通る道ですので立地最高の商店街ですが、お土産には目もくれず一目散に通り抜け、


あわび串の看板

通り抜けられませんでした!つまみ食いは最高です(笑)


貝の王様「あわび串」がシングルサイズ853円で御座いましたので、牛カルビ串と迷いましたが(笑) 熱海はやはり海産物を食べねばと思いまして注文しましたところ店前に広がる香ばしい焼き醤油の香りに引き寄せられて僕の後ろにお客さんがめっちゃ並びました!

客寄せパンダとお呼びください(笑)

※色白腹黒ですからね(笑)


あわび串と熱海ビール

香ばしい「焼きあわび」にビールで、焼きアワビは醤油の味がしっかりしみこみ大きさは写真よりは小さく見えるものの身厚で弾力のある美味しいあわびで、一口食べたら、なかなか弾力有りすぎて切れなくてそのまま一口で全部食べてしまいました!


ビールまるまる一本残ってるのに、おつまみ無くなりました(笑)


美味しかったです(笑)


「大瀬戸温泉物語 あたみ」へ


熱海の観光スポット「お宮と寛一」を見るために熱海サンビーチ(海岸線)まで 熱海の坂を降りまして、お宮を足蹴にするひどい男の代表「寛一」を足蹴にしてやりたかったのですが銅像ですので蹴ったら多分僕の足のほうが痛いので我慢して(笑)、今度は坂道を登って戻った途中に「大江戸温泉物語 あたみ」が御座います。


これだ!


大江戸温泉下の石垣

上かよっ!

!Σ( ̄□ ̄;)


思わず石垣を上ろうかと思いましたが、石垣登った先にあるのはおそらく

女湯露天風呂(笑)


登り切って見目麗しい女性がお風呂で

たまらん♡

姿に目を♡にしていたらきっと、


石垣から突き落とされる気がします!


まじで命懸けだよ!(笑)


大江戸温泉へのルート

さすがに石垣は登れませんので、回り道で正面に向かおうと思いましたが、選べる道は


勾配急だが上がって降りる赤い道(やや近い)

勾配緩やか下がって上がる青い道(やや遠い)


運命の選択はどっちだ!(笑)と思いましたが、私「坂道は強敵」なので、平坦な青い道を選びまして5m進んだところで気が付いた!


大江戸温泉の裏口

裏の入り口あるやんか!(笑)


無事に(裏口から)入りまして5階までエレベータで登ってチェックインすることができました!


お風呂あがりの浴衣天国


大江戸温泉物語は温泉で御座いますので温泉に入りまして、温泉の写真は流石に撮れませんでしたが立派な皆様の立派なものを拝見させていただきました!

なにをだよっ!


立派な「立ち姿」ですが何か?(笑)仁王立ちね!


お風呂上がりの湯上り処が御座いまして、湯上りにさっぱりしたいと思いまして行きましたところ、


大江戸温泉の湯上り処

ある意味「天国」な空間で御座いました。


マンガ最高!(笑)


マンガを読むか、漫画を読んでいるお風呂上がりのホカホカ浴衣女子を眺めるか迷います(笑)


どちらにしても、たまらん♡


桃源郷のような空間で御座いますが夕食のお時間で御座います!


夕食は金目鯛刺身船盛付きのバイキング


夕食は 18:00~20:00までの2時間で食べられるだけ食べてよいブッフェスタイルで御座いまして、金目鯛の船盛フェアをやってます。


舟盛り金目鯛の刺身

このまま「船」ごと持って帰りたい!(笑)

お刺身もすごい量ですが、「金目鯛の煮つけ」「パスタ」「ステーキ」「天ぷら」「カレーライス」挙句の果てには「麻婆豆腐」も御座いまして、多国籍料理かよ!とツッコミ入れたくなるほどのバイキングで御座いますが、やっぱり取るのは、


お寿司バイキング

お寿司食べ放題が嬉しいです。お寿司食べ放題と言えば、お寿司だけでお腹がいっぱいになってしまうワナが御座いますが、こちら大江戸温泉物語夕食ブッフェのお寿司は比較的一貫が小さく握られておりますので、大食いタイトルのギャル曽根ちゃんみたいにニコニコ食べても比較的たくさん食べられるお寿司で御座います。


ギャル曽根は無理だろ!


あのギャルメイクはできません。(そっちかいっ!(笑)


バイキング盛り付け

寿司8貫に、手羽先、煮物、お刺身、金目鯛の煮つけ、茶碗蒸し、豆腐、玉子豆腐、麻婆豆腐に天ぷら、ステーキ、果物に白いスープが盛りだくさんで御座います。


絶対、この後、体重計乗れない(笑)


ステーキが美味しすぎて3回おかわりしてしまいました。(熱海は海の幸なのに(笑))


和室を独占一人部屋


お部屋は 7.5 畳の和室を独り占めで御座います。


大江戸温泉物語のお部屋

畳の上に大の字になって寝ても誰にも文句を言われないこの広さ!まあ、お酒飲んだ後に畳の上に大の字に横になったら100%朝までそのまま寝てしまい、気が付くと朝で、無残に綺麗な布団だけ残された挙句に体が痛くて二日酔いと最悪の結果が待っていますので危険な和室で御座います。


一人で旅行だと、布団を敷いて寝るタイミングが難しい(笑)


ここは熱海、熱海と言えば熱い海が御座いますので旅館から見るオーシャンビューが素敵です。


お部屋から見える景色

ビルビューだたよ!(笑)


こっちからビルが見えるということは、あっち(のビル)からも、こちらが見えるということですので、そそくさとカーテンを閉めたことは言うまでもありません。

だって、


こっちは裸ですから(笑)

(うそですよw)


裸族にも嬉しい一人部屋で御座います(笑)


朝食もブッフェスタイル


朝食は豪華ホテル並みのブッフェスタイルで御座いましてパンからご飯、果てはカレーまで取りそろっておりました。


朝食盛り合わせ

緑のない、男飯で御座います(笑)


「塩辛」や「なめたけ」、「味付け海苔」など「ごはんのおとも」がそろっておりますので、朝から白米を何杯でも食べられそうな朝食で御座いました!


おまけ:お値段


ここまで豪勢な「大江戸温泉物語 あたみ」夕食付、朝食付き1泊2日のお値段なんと!


10,000円ポッキリで御座います(平日価格)

(別途、入湯税150円が掛かります)


たまらん♡


そんな熱海の一泊二日で御座いました!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ