WordPress

【WordPress】カテゴリーページは noindex にするべきか?@SEO




カテゴリーページをインデックス対象にする/しないについて解説します。


カテゴリーページを <index> / <noindex> にする違い


Google (検索エンジン)は検索対象となるページ(投稿ページや固定ページ)に対して、「インデックス」という検索順位を記録する仕組みを用いています。カテゴリーページをインデックス対象にする/しないをプラグインなどで設定することが可能です。

カテゴリーページを インデックスする / しない のメリット・デメリットを解説します。


メリットデメリット
インデックスする・内部リンクが評価される


・価値の低いページと判断されサイト全体の評価が下がる可能性がある
・本来の記事とキーワードが重なる可能性がある
インデックスしない・価値の低いページと判断されサイト全体の評価が下がる可能性の除外
・正しく設定しないとカバレッジエラーがでる(場合がある)

カテゴリーページをインデックスした場合、価値の低いページと判断されサイト全体の評価が下がる可能性があり SEO にとっては大きく不利です。インデックスはしない(<noindex>を指定する)ほうが安全かもしれません。


ポイント


カテゴリページのインデックス対象外(<noindex>)は、「SEO対策プラグイン(All in One SEO Pack)や、テーマ(AFFINGER)などで設定することで可能です。



自作カテゴリーページはインデックスでメリットが活きる


WordPress の標準カテゴリーページ(または一般的なテーマ)の場合、記事の一覧が並ぶページになりますので、ページの内容は主にリンクが中心になり「価値の低いページ」と評価される可能性は高くなります。しかし、WordPress のカテゴリーページは工夫することでオリジナリティのある内容の濃いページにすることが可能です。


標準カテゴリーページと、自作カテゴリーページの例


自作カテゴリーページの場合、内容(文章)を濃く表現することも可能です。これにより「価値の低くない(価値の高い)」カテゴリーページを表現することができます。価値の高いページならば、インデックスすることで内部リンクが評価され SEO 効果も期待できますので、インデックスすることにはメリットが大きくなります。


自作カテゴリーページを作る方法(AFFINGER5テーマを利用します)

【AFFINGER6】カテゴリーページをカスタマイズする方法!

WordPress の一般的なテーマではカテゴリページ(カテゴリを選んだ場合に出てくるページ)では、記事が一覧で並びます。WordPress の優良テーマ「AFFINGER6」では、このページを自由自在にカスタマイズすることができます。本記事では、AFFINGER6 でカテゴリーページをカスタマイズする方法を紹介します。

続きを見る


まとめ


カテゴリーページをインデックス対象にする/しないについて解説します。



  • 標準のカテゴリページはインデックスしないほうが良いと考えます
  • 自作カテゴリページはインデックスするメリットがあります


インデックスしたらめっちゃ検索順位あがるとうれしいですね。かっこいいサイトつくりましょう!




WordPress の情報、テクニック一覧はこちらをクリック!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ