WordPress

【WordPress】「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」の主な対策・対処方法





「Google Search Console」で「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」のエラーが表示された場合の主な対策を紹介します。



Google Search Console からのエラー表示


エラー内容の確認方法


[Google Search Console] のメニューから [モバイルユーザビリティ] を選択することで、エラーを確認できます。


  • 「テキストが小さすぎて読めません」
  • 「クリック可能な要素同士が近すぎます」

表示のエラーをクリックすることで、対象のページ(URL)を確認することもできます。


主な原因


主な原因は、ありません(笑)

エラー文言のとおり「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」が実際に見てわかるほどのページであれば、それは直してください。しかし多くのページでは「思い当たる節がない」というのが実情です。


Google の判定方法


Google の判定ロジックは公表されていません。しかし、人が見て判断しているとは到底思えませんので、推測するにクローラー(ページを確認する仕組み)が記事のページを自動的(機械的)に評価し、エラーか、そうでないかを判断していると思われます。

この場合、ページ内の組成を機械的に点数化して評価しますので、人の目では気が付かない(気が付きにくい)箇所がエラーと判断される可能性があります。また過剰検知、誤検知の可能性も否定できません。


エラーが検知された場合、感情的に「これテキスト見えるよ!」とか「リンクが近いとは思えない」と言っても仕方ありません。機械的に判断されることに対して感覚的に反応しても評価ロジックの点数が変わることは無いためです。


そのため、本エラーに対しては、可能性のあるところを片っ端から直していく必要があります。


サイトの確認方法


Google 提供の「モバイルフレンドリーテスト」(モバイルフレンドリーなサイトかどうかを確認してくれるページ)があります。


モバイルフレンドリーテスト

https://search.google.com/test/mobile-friendly


該当の URL を入力してチェックします。



チェックで原因となるべきコメントが確認できた場合は、該当の項目を修正します。

しかし、[Google Search Console] でエラーが出たページでも「モバイルフレンドリーテスト」ではエラーなし(フレンドリーなサイト)と評価されることもあります。


主な対策方法


1.記事のフォントサイズを修正する


Google の推奨するフォントサイズは 16px です。記事全般のフォントサイズは 16px に統一し、明らかにフォントが小さい部分があれば修正します。

※ WordPress でフォントサイズについて変更などは行わず初期値のまま使っているようであれば特に修正は不要です。


また、「パンくずリスト」や「フッターメニュー」などの WordPress テーマ標準でフォントが小さいところは無理に修正すると記事自体の見た目が逆に悪くなる場合がありますので、全体のバランスを見ながら修正します。


2.広告を差し替える


広告が用いているテキストが小さく、リンクが近い場合があります。



サムネイルの画像と、横や下に説明文を載せるような広告の場合、説明文のフォントサイズが小さい場合があります。この場合は広告をバナー広告などに差し替えます。


3.リンク要素の間隔を開ける


「クリック可能な要素同士が近すぎます」は、「ユーザが目的のリンクのとなり(近く)のリンクを誤クリックしやすいページです」と指摘しています。



記事全体を見直し、リンクとリンクの間隔が狭くなっている部分があれば修正します。

特に表(テーブル)を用いてリンクを並べた場合、上下の(リンク間の)間隔が狭くなることがありますので注意してください。


4.画像内の文字を差し替える


画像(イメージ)内に埋め込まれた文章(ユーザが読むことを意識して書いてある文字列)が小さすぎる場合、画像自体を修正します。

ただし、画像の中も文字もシステムが自動的に(機械的に)読み取り、イメージとして描かれている文字(文章)のフォントの大きさを判断しているとは考えにくいため、修正の優先度は低くても良いかと思います。実際に(文字が小さく)ユーザフレンドリーではない場合は直してください。


5.思い切ってリライトする


いままでの対策でもエラーが消えない場合、思い切って 記事自体をリライト(書き直す)するのも対策の一つです。Google の判定ロジックは記事の組成を解析して機械的に分析していると推測できますので、リライトすることによって記事の組成が大きく変われば機械的な判定も変わりエラーと認識されない可能性があります。


記事をリライトする場合、「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」を意識して直すのではなく、全体的によりユーザ(読者)が読みやすい文章で、見やすいサイトにすることを意識してリライトすると良いでしょう。結果的に、エラーの部分も一緒に改善される可能性が高くなります。


まとめ


[Google Search Console」で「テキストが小さすぎて読めません」、「クリック可能な要素同士が近すぎます」のエラーが表示された場合の主な対策です。



  • 記事のフォントサイズを修正する
  • 広告を差し替える
  • リンク様相の間隔を開ける
  • 画像内の文字を差し替える
  • 思い切ってリライトする


エラー表示は焦りますが、「なにか引っかかる箇所」があるために検知されています。それは人が見るだけでは気が付かない細かい点かもしれません。この機会に よりユーザフレンドリーなページに直す良いチャンス と思って取り組むことで、さらに良いページ、良いサイトに成長させることができるかと思います。








Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ