AFFINGER5

【AFFINGER5】下線蛍光マーカーの使い方(CSS記載不要)@WordPress





WordPress の優良テーマ「AFFINGER5」では、通常は CSS を利用しなければ(書かなければ)実現できない下線蛍光マーカーを(AFFINGER5の)標準機能で実装していますので、記事作成時の画面操作だけで下線蛍光マーカーを実現できます。


下線蛍光マーカーとは?


下線蛍光マーカーとは、文字(文章)の下半分程度に蛍光ペンでアンダーライン(下線)を引いたような表現方法です。下線蛍光マーカーを使うと、記事の中で注目するべき部分を上品に目立たせることができ、記事にメリハリがつきますのでとても便利な表現方法です。


黄色の下線蛍光マーカーです。

赤色の下線蛍光マーカーです。

青色の下線蛍光マーカーです。

灰色の下線蛍光マーカーです。


WordPress の標準機能では、この機能はありません。また多くのテーマでは採用していないため、これを書くためには、CSS+HTMLで自分で描かなければなりませんが結構大変です。テーマ「AFFINGER5」の場合、下線蛍光マーカーが実装されているので、画面からの操作で利用することが可能です。


下線蛍光マーカーの利用方法(AFFINGER5)


■「マーカー(黄色、赤、青、灰色)」の使い方


AFFINGER5 では標準で4色(黄色、赤、青、灰色)の蛍光マーカーが用意されています。こちらの利用方法を紹介します。


Step.1 ボックスで「クラシック」を利用します



ブロックで [クラシック] を指定します(通常のブロックでは下線蛍光マーカーを利用するメニューが出てきません)。


Step.2 文章を選択して [マーカー] を指定します



下線蛍光マーカーを引きたい部分を選択して、[スタイル] → [マーカー] → [〇マーカー(細)] をクリックします。利用できる色は「黄」「赤」「青」「鼠(灰色)」の4色です。


Step.3 下線蛍光マーカーを表示します



下線蛍光マーカーを表示しますので、配色、他の文章とのバランスを確認してください。

※ 自動で太字(ボールド)になります。


■「マイ細マーカー」の使い方


イ細マーカーは、あらかじめ自分で設定した色(1色のみ)で下線蛍光マーカーを表現することができます。

(本サイトでは、「マイ細マーカー」の色を緑色(#7FFFD4)で設定しています。


マイ細マーカーの色を設定する方法



WordPress の管理画面から [AFFINGER5 管理] → [投稿・固定記事] をクリックします。

マイ細マーカーの (マーカー)の色を指定します。


色をご検討の際は以下のページを参考にしてください

【Web Site】カラーコードサンプル(コードを指定して色を確認できます)

サイトに大事な色設定、いろいろ配色ためしたい。そんなときに必要なカラーを試作するページ。カラーコード打ち込んで、実際の色を確かめる。あれよこれよと悩んでいたら、いつまでたっても決まらない。……いや、そこは決めましょう(笑)コードを打つと色が確認できるページです。配色考えるときの参考にしてください。

続きを見る


マイ細マーカーの利用方法(ブロックエディタの場合)



下線蛍光マーカーを引きたい部分を選択して、[マイ細マーカー] を指定します。


マイ細マーカーの利用方法(「クラシック」ブロックの場合)



下線蛍光マーカーを引きたい部分を選択して、[細マ] ボタンをクリックします。


AFFINGER5 をお使いではない場合


WordPress の優良テーマ「AFFINGER5」をお使いではない場合(ご利用のテーマで本機能が無い場合)、CSS と HTML で実現しなければなりません。

CSS と HTML で実現する場合、手動でマーカーを引きたい文章に <span> タグなどをつけなければならないため記事作成効率が良くありません。ぜひ AFFINGER5 テーマのご利用をおすすめします。


AFFINGER5 の購入・インストール方法はこちら

★ 【AFFINGER5】購入方法・導入方法を初心者にもわかりやすく解説!(WordPress のテーマ「アフィンガー」)

アフィリエイトに最適なWordPressのテーマ「AFFINGER5」は初心者から上級者まで使える全万能型の最強テーマの一つですが購入時・購入時とインストール時の方法が若干わかりにくいです。本サイトでは、購入から導入までの方法を初心者にもわかりやすく紹介します。アフィンガー購入ご希望の方、本サイトを参照してくだされば幸いです。

続きを見る


まとめ


WordPress の優良テーマ「AFFINGER5」では、通常は CSS を利用しなければ(書かなければ)実現できない下線蛍光マーカーを(AFFINGER5の)標準機能で実装していますので、記事作成時の画面操作だけで下線蛍光マーカーを実現できます。



  • 下線蛍光マーカーを使うと、記事の中で注目するべき部分を上品に目立たせることができます
  • 下線蛍光マーカーを使うと、記事にメリハリがつきます
  • 下線蛍光マーカーはブロック「クラシック」で、[スタイル] → [マーカー] で指定します


全部の文字に下線蛍光マーカーを引いたら、引いてないところが目立つ説(笑)

(そんなわけない!(笑))








Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ