WordPress Web Site

【WordPress】アイキャッチ画像の重要性!(WrodPress 記事のアイキャッチ画像の貼り方も紹介)





アイキャッチ画像は、ブログ・サイトにとって、リード文に並ぶ重要なユーザー遡及ポイントです。

アイキャッチによってユーザーの興味を強く引き付けることで、クリック率の向上や、サイト内回遊率の向上が期待でき、より多くの記事をユーザーに読んでもらえるチャンスが広がります。


本記事では、アイキャッチ画像の重要性と、WordPress でのアイキャッチ画像の設定方法を紹介します。



アイキャッチ画像とは



「アイキャッチ画像」とは、ユーザが一番最初にその記事に対して目に留まる画像であり、記事の最初の印象をつけるものです。

記事一覧のサムネイル画像や、記事の一番上に表示している画像、YouTubeなどのサムネイル、Twitter カードなどの差し込み画像を指します。





記事一覧などのサムネイル画像も「アイキャッチ画像」です。



■ アイキャッチ画像の重要性



クリック率(記事を見てもらう確率)を増やす


目を引くアイキャッチ画像は、ユーザの関心を引き、興味を持ったユーザがクリックする確率が上がりますので記事への流入率を向上することができます。

※ ブログ紹介メディアや、Twitter、FaceBook などの SNS 媒体では記事紹介にアイキャッチ画像が表示されることが多く、クリック率(流入率)の向上を期待できます。





Twitter はスマホ画面に大き目のアイキャッチ画像を表示するのでインパクトも高くおすすめです。



【AFFINGER6】Twitter にカードを埋め込む方法(OGP 設定)

Twitter のツイートに、記事のカードを埋め込む方法(埋め込むために必要な設定)です。アイキャッチ画像(サムネイル画像)や、記事抜粋文をツイッター側(ツイート内)に表示します。ツイッターも利用している方、ぜひ設定をおすすめします。

続きを見る



自サイト内を行き来してくれる(直帰率の改善)に効果的


アイキャッチ画像を自サイト内の他記事へのリンクで上手く使うことで、自サイト内の回遊率を向上し、直帰率を改善することができます。





記事内に他記事へのリンクを貼る場合にアイキャッチ画像(記事カート)を使うことで、読者(ユーザ)のサイト内の移動を促します。

「アイキャッチ画像」で移動先の記事のイメージを掴むことができ、効果的です。





記事横のサイドバーの記事一覧も「アイキャッチ画像」があることで読者(ユーザ)に気づいてもらうことができ、クリックしてもらいやすくなりますので、サイト内移動率を向上することができます。



■ アイキャッチ画像のポイント



記事の内容をイメージできるように


記事の内容をイメージできるような画像を使います。完全に記事の内容を解説する必要はなく 直観的な印象が重要です

記事内容と極端に異なる画像を使った場合、移動した先ですぐに閉じる(直帰率の悪化)につながる可能性もありますので注意してください。


特におすすめ記事に印象的なアイキャッチ画像を使う


「アイキャッチ画像」は印象的な画像を使うほうが良いですが、記事一覧でアイキャッチ画像が並んだ場合も考慮し、特におすすめの記事が目立つようにアイキャッチ画像にメリハリをつけるのも効果的です。





特におすすめの記事には、色合いを変える(目立つ色を使う)、キャラクターを変える(写真ではなくイラストにする)などで一覧のなかでも目立たせる(印象付ける)ことが可能です。

おすすめの記事を読んでもらうことで、サイト内の読者(ユーザ)の滞在率を向上します。



ポイント



アフィリエイトサイトの場合、キラーページに(他より印象強い)目立つアイキャッチ画像を使うこともポイントの一つです。




アイキャッチ画像のサイズ


「アイキャッチ画像」のサイズは、大き目の画像を用意します。

(サムネイルアイコンなどを表示するときは自動的に縮小されます)


WordPress (優良テーマ:AFFINGER5)の場合、「スライドショー」などの機能で大きいサイズのアイキャッチ画像を利用するので、画像が拡大されてぼやけないようにもとから大き目の画像を設定します。





WordPress の 優良テーマ AFFINGER でトップページにスライドショーを設定した場合の、アイキャッチ画像は大きい画像で表示します。



AFFINGER(アフィンガー)テーマ 完全紹介!WordPress 初心者に見てほしい!メリット、デメリットも解説!

AFFINGER テーマを使うと「オシャレなサイト」を作りやすくなります。オシャレなサイトは、ユーザーの滞在時間が増え、サイト評価があがり、サイトの露出が増えて、さらにユーザ(読者)を呼び込む好循環を実現します。WordPressのテーマ「AFFINGER」を徹底紹介します。

続きを見る



私のサイトでは、アイキャッチで買う画像は横幅 1200、縦幅 600~800 の画像を使っています。



WordPress 記事のアイキャッチ画像の設定方法



WordPress の記事にアイキャッチ画像を設定する方法です。


step
1
記事のプロパティで設定する





WordPress の記事作成画面右側の記事のプロパティ(属性)設定で、[アイキャッチ画像を設定] をクリックします。


step
2
画像を設定する





メディアライブラリからアイキャッチ画像に設定したい画像を選択し、設定します。

(新規に画像をアップロードすることも可能です)


完成です。



【AFFINGER6】トップページのアイキャッチ画像を設定する方法

Twitter にURLを貼った際にトップページURLではアイキャッチが出ない方もいるかと思います。AFFINGER6 では、トップページのアイキャッチ画像を指定する場所が特別に用意されています。トップページのアイキャッチ画像の設定方法を紹介します。

続きを見る



まとめ



アイキャッチ画像は記事を作成するうえで重要なポイントの一つです。



  • 「アイキャッチ画像」とは、ユーザが一番最初にその記事に対して目に留まる画像です
  • 「アイキャッチ画像」は、クリック率の向上(記事への流入効果)が期待できます
  • 「アイキャッチ画像」は直帰率の改善、回遊率の改善に効果的です
  • 「アイキャッチ画像」は記事の内容に沿うものを設定し、印象強いものにします
  • 「アイキャッチ画像」の利用にメリハリをつけます
  • 「アイキャッチ画像」のサイズは大き目の画像を設定します


「愛」を「キャッチ」する画像です



WordPress のおすすめテーマ





WordPress の情報、テクニック一覧はこちらをクリック!














ブログランキング・にほんブログ村へ  




Presented By Irojiro Haraguro .Com