Web Site

SEO 対策:キラーページ(キラーン☆)と内部リンクを効果的に!




アフィリエイトで大事なことは 広告をクリックして商品を買ってもらうこと です。

サイトでは、商品を買ってもらうために最も有効な「キラーページ」と、集客を目的とした「集客ページ」を使い分けることで、集客→購入の流れをつくり、クリック~商品購入のチャンスが広がります。


本記事では、「キラーページ」と「集客ページ」のサイト内での構成、うまい使い分け方法について解説します。



キラーページとは



「キラーページ」とは、そのページでユーザー(読者)の心をぐっと掴み、項目をクリックしてもらうための、いわざユーザーの心を落とすページです。





ページにはユーザの興味を呼ぶ「集客ページ」と、ユーザに商品を買ってもらう「キラーページ」があります。

「集客ページ」と「キラーページ」をサイト内で両方作成し、2種類のページを上手く組み立てることで、キラーページにユーザーを誘導するサイトにすることが可能です。



集客ページ

SEO効果を狙い、キャッチ―なコピーで最初にユーザの目に留まるページです。
ロングテールキーワードでピンポイントで有益な情報をユーザに提供しつつ、キラーページへの導線を作ります。

キラーページ

ユーザに強い興味を抱いてもらい、購買意欲を高め、広告をクリックし(商品購入)成約してもらうためのページ です。



■ キラーページの重要性



もし、「集客ページ」に貼った広告からユーザがどんどん商品を購入をするページを作ることができたら、あなたはブログの「神」ですが現実はそんなに甘くはありません。

すべてのユーザーが「購入」を目的として検索をしているわけではないためです。



購入以外の目的のユーザーもサイトに集客することでユーザーの訪問数を高めつつ、ユーザを「購入意欲」を高めるページ(キラーページ)に誘導することで、もともと購入を意識していなかったユーザにも商品をおすすめして購入に繋げることが可能です。



「集客ページ」と「キラーページ」では、ページの目的も、ユーザの訪問意図も異なるので、各々別に、目的に沿ってページを作らなければなりません。



集客ページとキラーページを構成する


■ 集客ページとキラーページの構成





「キラーページ」はサイトのサブメニューごとに1ページ作成します。

サブメニュー内は、集客を目的とした「集客ページ(多数)」と、最終的に購買へとつなげる「キラーページ(1ページ)」で構成し、サブメニューのキーワードに関連する最も購買可能性の高い商品を「キラーページ」で紹介します。



また、サブメニューをまたぐような誘導ルートは避けてください。





記事の性質上、サブメニューまたぎの導線が「ぜったいにダメ」ではありません。

しかし、サブメニューまたぎは「キラーページ」への誘導が遠のきますので、できるだけ避けたほうが無難です。



■ 内部リンクで誘導する



「集客ページ」から「キラーページ」への誘導は「内部リンク」で行います。





内部リンクをクリックしてもらい、「キラーページ」を見てもらうことができるサイトを作ることが重要です。



まとめ



「キラーページ」のポイントです。



  • ページは「集客ページ」と「キラーページ」に分ける
  • 「集客ページ」と「キラーページ」では、ページの目的、ユーザの訪問意図が異なる
  • 「キラーページ」はサイトのサブメニューごとに1ページ作成する
  • サブメニュー内は、「集客ページ(多数)」と、「キラーページ(1ページ)」で構成する
  • 「集客ページ」から「キラーページ」への誘導は「内部リンク」で行う


サイト内のページを全部、こんな綺麗なツリー構造に作れたら苦労ませんが、意識して作っていくことが大事です。

ユーザーにとっても見やすく、流れに乗れるサイトを目指しましょう。




Web サイト、ブログ関連の記事一覧はこちらをクリック!














ブログランキング・にほんブログ村へ  




Presented By Irojiro Haraguro .Com