ベトナム

【ベトナム】ホーチミン 「早朝帰国便」の対策、3つの方法!




ベトナムホーチミンからの帰国便は、主に、早朝便(朝フライト)、深夜便(夜フライト)とありますが、朝と言いつつ早朝便は 朝早過ぎて 実は人気がありません(笑)。しかし深夜便よりは安い(笑)、お金の関係などで早朝便を選んだ時の対策(前夜の過ごし方など)を紹介します。


ベトナム人、朝、強すぎ(笑)


早朝便の前夜の過ごし方


素直にホーチミン市内のホテルで寝る


当たり前の答えになってしまいますが、素直に宿泊しているホテルでちゃんと寝るのが一番です(笑)


もし朝8時のフライトの場合、2時間前には空港でチェックインをしないといけませんので6時前には空港に着きたいところ、ホーチミン中心街(1区)からタムソンニャット国際空港までは通常タクシーで30分ですが(早すぎて渋滞してないけど)万が一の朝の渋滞も考えると5時にはホテルを出てタクシーに乗りたいので、いくら前日にしっかりスーツケースに荷物をしまって準備万端にしていたとしてもシャワーの一つも浴びてから出発したいと思うならば朝4時起き、


朝4時起き!

(しかも寝坊したらアウト(笑)


どんな罰ゲーやねん!と思わなくもありませんが、


  • ホテルの朝のモーニングコールは4:00にセット
  • ホテルの時計のアラームは4:00にセット
  • スマホのアラームは4:00にセット

ここまでしておくと、朝4時に一斉になりだして超忙しい朝を迎えます(笑)


朝の4時でもホーチミン一区ならタクシーは拾えないことも無いですが走っている空車のタクシーの数は極端に少ないので、前日ホテルでタクシーを予約しておくのが無難です。


4:00多々のアラームで強制的に起きる(笑)
4:00~5:00シャワーを浴びる
荷物の最終チェックを行う
セキュリティボックスからの取り忘れに注意(笑)
5:00~6:00タクシー移動
6:00~7:00搭乗チェックイン~出国
7:00~8:00ラウンジで(眠い目をこすりながら)優雅に朝食
8:00~搭乗、フライト
飛行機の中で爆睡(笑)

ラウンジで朝食中にうたた寝して搭乗時間すっぽかさないように注意してください(笑)


空港近くのホテルで寝る


より寝ていたい方は前日のみ 空港近くのホテルに移動して宿泊 という手段もあります。


(booking.com より)


ホテル多すぎ(笑)


とは言え、前日の宿泊していたホテルをチェックアウトし、荷物を持って空港近くまで移動してまたチェックインするのも若干面倒です。

空港近くの娯楽は1区中心街ほどにはありませんので(よく知らない……)、行ったら寝るだけになるかもしれません。それでも5時には起きないといけませんので、どうしても朝1時間でも多く寝たい! という方向けの特殊な手段です(笑)


寝ない!(笑)


もはや究極の方法は、寝ないで朝まで街で飲んでる!です(笑)


ベトナムは基本的にオールで開いているお店(飲み屋)はありません(規制されているのかもしれません)。

※ レタントン(日本人街)は深夜1:00すぎると一気に店が閉まります。



ブイビエン(バックパッカー通り)が遅くまでやっている店もありますので狙いはブイビエンですが、やっぱりどう考えても、

この方法にチャレンジする人は「ツワモノ」です(笑)


……無理ゲー(笑)


※ 酔っ払い過ぎて搭乗拒否されないように気を付けてください(笑)


まとめ


ベトナムホーチミンからの早朝帰国便を選択した場合の対策(前夜の過ごし方など)3選です。



  • 素直に宿泊中のホテルで寝て、朝早く起きる
  • 空港近くのホテルに泊まる
  • 朝まで飲んでる(笑)


無理ゲーは止めて、素直に宿泊中のホテルで寝て、朝早起きすることをおすすめします(笑)





素敵な国で、素敵な街で、素敵なあなたに会える国、ベトナム旅行記事一覧はこちらをクリック!









Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ