アフィリエイトのハナシ

【副業】サイト(ブログ)のテーマ(ジャンル)は絞るべきか?実は複数テーマ(ジャンル)が良い理由!




サイトアフィリエイトのテーマ(ジャンル)は一つに絞るべきか?

サイトアフィリエイトの選択と集中について記載します。


オレはオマエに一点集中!

(こわいわ!(笑)


テーマを一つに絞るということ


サイトアフィリエイトの世界では、テーマ(ジャンル)を一つに絞ることが必要(良い)と言われています。

特化したテーマ(ジャンル)を選択し集中することで、サイトの方向性(評価)が定まりやすいためです。

しかし、最終的にはサイト運営を続けることができ収益があげられなければアフィリエイトの目的は達成できません。テーマ(ジャンル)を絞るメリットとデメリット、リスクなどを解説します。


テーマ(ジャンル)を一つに絞るメリットとデメリット


SEO効果も高く、一つに絞ったほうが良いという意見が多いですが、メリットとデメリットを考察します。


メリットデメリット
・SEOに効果的である
・テーマによるブランド化に貢献
・ネタが早期に尽きる、続けるのが難しい
・採用したテーマが廃れたらサイト終了

テーマ(ジャンル)を一つに絞った場合に起こること


テーマを一つに絞った場合、SEOに強くなります。より早い時期に収益化を狙うなら圧倒的にテーマは一つに絞るべきです。( YouTuber でも、テーマを分散させず一つに絞ったチャンネルが伸びる傾向にあります)


■ テーマを絞った例


  • 副業を紹介するサイト
  • アフィリエイトを紹介するサイト
  • IT技術を紹介するサイト
  • ダイエット方法を紹介するサイト
  • 旅行体験を紹介するサイト
  • ファッションを紹介するサイト

テーマを絞ったほうがSEO効果が高く、より収益化に近道になりますが、テーマが絞られている場合、早々に記事のネタが尽きます(笑)

記事のネタが尽きると、質の悪いコンテンツが増えたり、記事を書くモチベーションが低下したり、良いことがありません。


テーマを一つに絞った場合のリスク


テーマを一つに絞った場合のリスクは、ネタ切れによって記事が書けなくなり、モチベーションが下がります。

サイトアフィリエイトは収益化までの期間が長く、忍耐力が必要です。モチベーションの低下は絶対に避けるべき課題です。テーマを一つに絞ることには、相当のリスクがあることを認識する必要があります。


テーマを一つに絞ると、ネタが切れてモチベーションの低下(サイトを諦める)リスクがあります。


ネタ切れ回避のテーマ(ジャンル)選択の考え方


サイトを長く続ける(ネタ切れを回避する)ためのテーマ選択です。


自分がスペシャリストの領域をテーマにする


自分が他者の追随を許さないほどに知識のあるテーマを選択すれば、膨大な知識を記事にできますので、ある程度の記事数とユーザの信頼を確保できます。

自分の専門分野ですので、ネタに困ることは少ないです。


  • プログラミング
  • 動画作成方法の紹介
  • CAの裏話(笑)

素材が流動的なテーマを選択する


たとえば、「ファッション」のように、流行が移り変わるテーマを選ぶことで、今年の流行を追うことができ、春夏秋冬でも話題を変えることができるの、ネタに困ることがほぼありません。

また、「料理」のように、素材の種類が多いテーマを選ぶことで、使うネタに困りにくくすることができます。


  • 男性向け(女性向け)ファッションのサイト
  • 10分でできる簡単料理を紹介するサイト
  • レストラン・お店を訪問して紹介するサイト
  • 世界・国内を旅行して紹介するサイト

ネタを他者に求める


(あまり褒められた方法ではありませんが)自分以外の他者をネタにして記事をつないでいく方法です。

主に YouTuber で用いられ、街頭インタビュー、どっきり系で、一般人の他者を絡めてネタ作りをしていく方法ですが、素人を使えば(数討てば)瞬間的に面白い動画をとれるのは当たり前で、プロなら自分の持ちネタで勝負するべきだと私は思います。


サイトに複数のテーマ(ジャンル)を入れること


サイトに複数のテーマ(ジャンル)を用いる場合です。


[専門性のあるテーマ] と、[興味のあるテーマ] を一緒に運用できる


専門性のあるテーマ(ジャンル)はユーザが知りたい情報であり、収益化を狙いやすいテーマ(ジャンル)ですが、ネタ切れリスクがあり記事の量産が難しい側面があり、興味があるがテーマはブログ的に楽しく記事を書き続けることができますが、専門的情報ではないことが多いため、収益化が難しいデメリットがあります。


収益化を狙いつつ、サイトも続けていくためには、両方のテーマ(ジャンル)を一つのサイトに盛り込む方法も一考です。


収益可能性続けやすさ
専門性のあるテーマ(ジャンル)
(主に情報紹介系)
プログラミングの覚え方
株式・FXの実践方法紹介
ダイエットの方法紹介
お料理レシピの紹介
高いネタ切れリスクがある
興味のあるテーマ(ジャンル)
(主にブログ系)
旅行記
ファッションのブログ
お料理ブログ
グルメ日記
低い続けやすい

両方のテーマ(ジャンル)を同時に運用することで、収益化を狙いつつブログを続けるモチベーションを保つこともできます。


カテゴリ分けの例



サイトのテーマ(ジャンル)をカテゴリ分けする場合、専門的なテーマ(ジャンル)と、趣味ブログに分けるのも一考です。

専門的なテーマ(ジャンル)は記事を書ける(ネタがある)ときに、じっくり作り、趣味ブログで継続的に記事を更新することができるため、サイトの運営を止めずに継続することが比較的可能です。


まとめ


サイトアフィリエイトのテーマ(ジャンル)は一つに絞るべきか?



  • サイトアフィリエイトのテーマ(ジャンル)を一つに絞るほうがSEOに強い
  • サイトアフィリエイトのテーマ(ジャンル)を一つに絞ると、ネタ切れによって記事が書けなくなるリスクがある
  • サイトアフィリエイトのテーマ(ジャンル)を複数いれることでサイトを長続きさせやすい


書きたいことを書きたいように書くのが一番長続き(笑)





アフィリエイトの関連記事一覧はこちらをクリック!










Presented By Irojiro Haraguro .Com

ブログランキング・にほんブログ村へ